素人オーナーほど怖いものはないのです!

こんにちは。
26大家です!

契約書の作成は業者に任せましたが宅建業法など契約内容はある程度はオーナーも知っていると
知らないよりはもちろんトラブルを回避できる可能性が高くなります。

この度、無事申込を頂き審査も通り、はれてオーナーになることに。
オーナーになる前準備として、いろんなセミナーや書籍を読み漁りました。

宅建はどちらでもいいと思いますが、将来転職にも有利になるだろうと私の場合は宅建も取得しました。
3年前に取得しましたが今では毎年1~2個不動産関連の資格を取得しています。

オーナーになるのはそう難しくはありません。
お金と属性が良ければ誰でも簡単になれます。

ただ、長く生き残こるために日々勉強や努力しなければ地主や公務員、大企業サラリーマンのような高所得者と違い
私のようなものはすぐにキャッシュアウトし首が回らなくなります。

全ての不動産会社が良心的な会社とは限りません。
中には自社の利益しか考えない会社もあります。

そこで自分を守るためにも勉強するのです。
無知ほど怖いものはありません。
失敗することをわかっていて、不動産を売っている会社、担当者も多く存在します。

しかし、その営業マンも売らなければ上司に怒られたり、家族を養えなかったり、様々な理由で物件を売っているのです。
売る側が一方的に悪いというだけではなく、買う方も多少なりとも落ち度はあるはずです。

購入前に勉強しましたか?
誰かに相談しましたか?
別の不動産会社にも相談しましたか?

知識があればあるほど失敗のリスクが下がります。
自己防衛力をつけるしかないのです!