ペット可物件ってどうなの?


ペット可物件とは

ペットを飼っている人にとってはペット可ではないと住めないので飼える物件と飼えない物件では大きな差別化できるので大家にとって、とてもメリットがあります。
またペットと住む場合、通常賃料から家賃をUPできたり敷金や礼金をUPできたり収支部分が改善されます。敷金ではなく、ペット承諾料として徴収する方が望ましいです。
しかし、私が保有している戸建てみたいな広い場合だと、修繕費を考慮する必要があります。
ペットのにおい、ひっかき傷
一概には言えませんがしっかりと飼育されていない場合大幅なリフォーム費用を請求されることもあります。
そのため、契約時にペットを飼育する場合の原状回復について、特約を設けておくことがポイントになります。
ネットで調べると法務関係サイトで調べることが出来ます。
細かい項目もあります。
例えば、
  • トイレは指定の場所を設けてそこでしてください。
  • しつけはしっかりしてください。
  • 毛などのケアは指定場所で行うこと。
また、分譲マンションの場合、共用部ではリードをつけなければいけないとか、分譲と戸建ての場合によって特約の条文も変更が必要となります。

揉めないためのポイント

そして、1番揉めるであろうポイントは退去時における原状回復費ではないでしょうか。
通常の飼育していないときは行為過失がない場合、入居期間が長くなればなるほど減価償却され借主の負担は少なくなります。
ペットの飼育による原因の傷や汚れの場合について過失として、借主に請求することができます。
契約時にきっちり説明し、リフォームの費用目安を記載した書面にもサインして頂いた方が後々、揉めない可能性が高まります。
安易に差別化できる、賃料が高くとれるからといってペット可にしてしまうと、トラブルをまねく可能性が高くなるため、しっかりと借主さんと話あった上で判断されることをオススメ致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)