様々な金融消費の中で不動産投資を選んだ3つ理由


今更ながら、私がなぜ不動産投資を選んだのか。
実は、不動産投資だけではなく
株や投資信託も現在進行形でやっていますが
一番、私に合っていると思ったのが不動産投資でした。
株、投資信託は不動産を購入するための自己資金用に
積立している程度です。あと、家賃収入を銀行口座に入れず
家賃収入をさらに株に投資し、利回りをさらにUPしています。
その他、優待目的で長期的に持ったり、短期的に株で儲けるというより
不動産投資のための手段として利用しています。
私にとって、不動産投資が合っていると思った3つの理由。

①建築、建物、インテリアデザインが元々好きだった。

 大学で建築を学び、学生時代はこのまま設計事務所や
デザイン事務所で働こうと考えていた時期もありました。
しかし、周りの同級生と比べると勝ち目がなく、諦めかけていた時
不動産業者で働いている人に出会い、家を建てるのではなく
家を貸して不労所得を得る人がいるのだと、知り
そこから自分で建てる建築より不労所得を得るための建築に
興味持ちました。今でも建築関係のテレビ番組や建築士が特集されている
番組は欠かさず見ています。元々好きで、さらにそこから不労所得が
得られる。なんと言ったら良いかわかりませんが、趣味と仕事が同じみたいな
感覚で、好きなことで稼げる環境で楽しいため、長く続けられると思ったからです。
②他の金融商品に比べ、勉強・工夫次第でうまくいきやすい
 株や投資信託など、世界の情勢や企業の動向など
不可抗力に左右されやすい投資に比べ、不動産は分単位ではなく
ゆっくりした運用のため、先が読みやすく
また株など最悪紙切れになる可能性はあるが不動産は土地が残り
〇円にはならない点。さらに、不動産投資の場合銀行からお金を借りて
投資できるため、金融商品なのにおそらく唯一、他人からお金を借りて
投資できる商品のため、面白さもありました。
最近ではネットや本屋で不動産投資関連の情報が簡単に得れるため
工夫次第で失敗するリスクが避けられることもあります。
私みたいなサラリーマンでも運用は不動産会社に全部任せられるため
本業に支障が出ないのも良かったと思います。

③将来の夢。自分の街を作りたい。

 実はここでも初めてお話するかもしれませんが
中学生の時から将来、自分の生まれ育った街に
自分の好きなお店や家など、半径200m以内に
たくさん不動産を所有し、街を作ることが夢でした。
高校時代に付き合ってた当時の彼女に、将来の夢を聞かれ
街を作りたい!と言った時、「なに?その夢?小さくない?笑」
とバカにされた苦い記憶もありますが😵笑
もう、10年以上経つのに今だにその夢は変わらず
今でも自分の街を作りたいと思っています。
朝起きて、家からすぐの所の喫茶店でコーヒーを飲みながら
新聞を読み、仕事に向かう。仕事が終わって、軽く小料理屋さんに
飲みに行く、休日には美容室やカフェなど私が所有している物件のお店にいく。
別に所有していなくても、都会で住んでいたらそれくらい出来ると
思われますが、そこは自分の物件のテナントさんなのか、ただのお店か
私とっては全く価値観が違うのです。
まだまだ道半ばですが、老後生活が少しでも楽しく過ごせるように
今はコツコツ仕事をしながら、不動産を購入し
自分の街を作る、その夢を追って頑張っています。
それが金融商品の中で不動産投資を選んだ3つ理由です。
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)