賃貸市場の変化に驚く。今後起こりうる3つの出来事 (3つ目)


賃貸市場の変化に驚く。
今後起こりうる3つの出来事

そして最後、3つ目は
「特色 差別化 格差」

まとめすぎてわかりにくいですね笑

賃貸住宅に関わらず、社会において
今後、AIの発達・進展により働き方の変化が生まれるよう
賃貸住宅もまた今まで通り、部屋をただ貸してその対価として
家賃を得る時代は今後、厳しくなると予想します。

1番の原因は人口減少

1つ目の出来事と似た部分はありますが空き家が増えるため、
普通に募集をすれば決まる時代はなくなり何か特色が求められます。

例えば、楽器専門物件・猫ちゃん専門物件・わんちゃん専門物件
と、何か専門性を持った物件が増えてくると思います。

ただ、ペット可にすればいいのではなくドッグランやバリコニーに専用の洗い場など
普通の部屋をペット化するだけではパンチ力が薄く、差別化が必要になるのかと。

また、住む形も変化してきました。

今や「民泊」「シェアハウス」と一般賃貸とはかけ離れた使用方法、
手法が今後当たり前な時代になるかもしれません。

私、20代ですがシェアハウスに住みたいと思ったことは一度もございません。

プライベートな空間を確保したい私にとっては不向きですが
若者の中でコミュニケーションを楽しめる人にとっては
共用スペースに誰か人がいているシェアハウスが楽しく仕方ない人もいるのは
事実で今後、そういった人が増えていく傾向にあると思います。

女性専用のシェアハウスは防犯上、人気があるようです。
20年前、大きい携帯電話を肩から担いでたことを考えると
そんな時代が来ても、何も可笑しなことでもなさそうです。笑

不動産投資は常にトレンドの波があります。
王道で行くのも良し。流行りに乗るのも良し。
時代の流れを読むことに損はありませんので!

賃貸市場の変化に驚く。
今後起こりうる3つの出来事
3つ目 「特色 差別化 格差」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)