大家さんに是非チャレンジしてほしい資格


「賃貸経営不動産管理士」という資格があります。
不動産業界で勤めている人はご存知かもしれませんが、今後国家資格になるかもしれない。
公的資格の1つです。
空き家問題に高齢化社会と将来、賃貸物件が増えると共にトラブルも増える可能性が高いためよりプロフェッショナルな立ち位置としてこの資格の需要が増えています。
詳しくはホームページをご参照くださいませ。
大家さんにもチャレンジしてほしいと思ったポイント
  • 知識の内容が広く浅く、わかりやすい。   
どうしても専門用語が並ぶテキストだと、本業ではない方にとっては億劫になるかもしれませんが、当資格のテキストは読みやすく,また最低限必要な範囲の知識が得られます。
  • 設備の知識も学べる。
宅地建物取引士と比べると大家さんにとっても参考になる内容がたくさんあります。
例えば、設備関係。
設備の耐用年数やメンテナンスの方法。
管理会社にすべてお任せしてもいいと思いますが、最低限の知識を身につけることで余分な費用や騙されるリスクを回避できます。
  • 最低限の税務知識や不動産取引知識を学べる。
税務の知識がほしいからと税理士の資格にチャレンジする人はまずいないと思います。
特集的な書籍、例えば不動産投資 法人化で節税!のような本。
当資格のテキストは法人化の税制メリットの内容も少し書いています。
なので、少しずつ最低限の知識を得れるため、まずテキストを読み
興味をもった部分をより詳しく調べるきっかけになると思います。
不動産取引においても、こんな費用がかかるますよーといった初心者向けの内容まで。
  • 資格取得
本業の方は是非頑張って資格取得頂きたいと思いますが、大家さんでも資格がないよりあった方がもちろん良いです。
何も知識のない大家さんよりある方が成功するチャンスが多いのと同じで
もし、勉強するのであれば是非合格できるようにチャレンジ頂きたいです。
    
私が今年受験した際に購入したテキストと問題集。
試験を受けるために購入しましたが、試験後も見る機会があります。
大きな法改正がない限り、一生使える不動産参考書の1冊になります。

私の勉強法はまず、問題集を解いてわからないところをテキストで読み返しまた問題集を解く。
その繰り返しで合格出来ました。
資格学校にいくほどではなく、十分独学で受かる試験なのでテキストと問題集は必ず購入をおすすめします。
昨年に比べ今年、急激に難易度が上がりました。
国家資格に向け合格率が下がる傾向になるのは間違いないと思います。
まだ公的資格のうちにチャレンジをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)