住宅ローンで複数の物件は買えるのか?

結論からいうと3物件までは問題ないでしょう。

スポンサーリンク

住宅ローンは原則、自分で住むための家を購入するために借りれるローンのため投資目的での購入はできません。
しかし、、、住みたくても住み続けられないことも世の中ありますので理由が理由であれば、追加で住宅ローンを利用し購入もできます。
例えば、こんな理由
  • 転勤のため
  • 結婚 出産により部屋が手狭になったため
  • 親の介護が必要になったため・・・etc
上記の理由で追加で購入する際は必ず、借りている銀行へ連絡が必要です。
「○○の理由で引っ越したいのですが、宜しいですか?」と借りている銀行へ。
「すでに住宅ローンを利用していますが追加で融資可能ですか?」
次に借りる予定の銀行へ相談。
連絡せずに住宅を賃貸に貸し出した後、バレてしまうと最悪の場合、一括返済を求められる可能性があります。
銀行側からすると、ローン返済さえ滞りなくしてくれればいいですよーという感じです。
ただし、しっかりとした理由でなければ融資担当者が上長に説明する上でうまく説得できる、うまく絵を描けるようなストーリーを提供することも大切です。
ここからはあくまで、不動産屋から聞いた話です。
借りる銀行の順番があるそうです。
順番を間違えると次に借りづらくなる可能性が。
1つ目の購入から3つ目の銀行の順位は下記のとおり
  1. メガバンク
  2. フラット35
  3. 信託系銀行
1つ目は出来ればメガバンクから借りると次の銀行も借りやすいらしいです。
住宅ローンは比較的融資基準は低いですがその中ではメガバンク系の審査が難しいようです。
その次は政府系のフラット35。
そして最後に信託系という流れに。
この流れは審査基準がだんだん低くなる順で最後は担保提供などである程度、許容範囲を広げてくれるそうです。
知人に住宅ローンで5物件購入した人がいます。
やり方を聞くと凄いとは思うけど、私は絶対マネできない方法でした。
裏技的なものはいつか痛い目に合うと私は思っています。
実際にその人は住宅購入後、不動産投資物件を購入しようとしましたが今借りているすべての住宅ローンが完済するまでアパートの融資は出来ないそうです、、、。
5物件、住宅ローンで購入する方法はもちろん、ここでは書きませんし(書けませんが)何事にもご利用は計画的に。
ということですね(^◇^)