成功する大家と失敗する大家の考え方の違い①


成功する大家と失敗する大家の考え方の違い 
大家業に限らず、サラリーマンでも学生でも同じことが言えると思いますが自己中心的な考えは回り回って損してしまう私の経験上良く感じます。
大家業で良くあるパターン
  • 1円でも安くしたいがために相見積もりをたくさんとる。
相見積もりを取ることは悪いことではないのでいいのですが取るとしても2〜3社までにした方がいいです。
3社取ったとして、2社は売り上げ0円。
しかし現地まで見積もりを取りに誰かが行っているわけで実質マイナスになっていると考えると申し訳ない気分になります。
その気持ちを考えられない自己中心的な考え方が悪くその結果、下記のようなことになるかもしれません。
  • 次回以降、お付き合いがなくなる。
  • 緊急時対応頂ける会社がなくなる。
  • 値段ばかりで質が落ちる。
大家仲間で良く出るキーワード
『周りにも儲けていただいて最後に私も儲けさせていただく。』
大家業は一人ではできないのです。
不動産会社、銀行、工事会社、入居者様などなど
そのため、自己中心的な考えの方は目先の利益ばかりにとらわれて回り回って損をしてしまうということです。
チームスポーツのようなもので協力しながら自分の資産を拡大しましょう。
一人で儲けるより悲しみ・楽しみを分かち合える仲間がいた方が楽しくないでしょうか?
私は後者の考え方です。
その分儲けは少ないですが笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)