戸建賃貸の融資はどこから借りるか?


私が利用融資は?

まず、私が戸建賃貸をしているのは戸建賃貸が好きで始めた理由ではなく、たまたま古い戸建(元祖母の家)があり、あまりの古さで台風や地震がくると壊れてしまう可能性があったため、リフォームすることを検討始めた結果、賃貸に貸し出し家賃を取れることを発見し、戸建賃貸投資をしたといった感じです。
そのため、今の戸建賃貸は不動産投資ローン(アパートローン)ではなく、ただのリフォームローンのため20代前半だった私でも融資頂いた経緯があります。
おそらく、土地から購入し建物を建てるとなると融資して頂ける金融機関は1行もなかったのではないでしょうか。
あくまで土地があったため、借りる費用はリフォーム費だけだったため借りやすかったことには間違いないと思います。
そんな私ですが、運営してみると手間もかからずしっかりと家賃を稼いでくれるので追加でドンドン購入していこうと思った時期があります。
しかし、実際追加で購入したくても融資頂けなければ購入することはできません。

融資可能そうな銀行とは?

属性が悪くても融資頂けやすいのは、担保を提供するローン
有名な銀行といえば、三井住友トラスト・L&Fがあります。
金利は3.9%(団体信用保険加入なし)〜4.3%(加入あり)
期間は最長35年
しかし、フリーローンみたいな融資のため基本金利が高くなります。
それか融資が短ったり、なかなかいい条件で借りることが難しいです。
担保を提供しなくてもいい融資の代表は政策金融公庫が有名です。
だいたい、金利1.5%。期間は10~20年ほど。
イメージ的にはボロボロの物件を購入する際に利用されている人を多く見かけます。
※2018年以降、融資が難しくなった噂がありますので、気になる方は直接窓口へご相談くださいね。
私の場合、エリアが都心部で利回りはそんなに高くなく、手間がかからない物件が理想のため公庫で借りることはあまり検討していません。
期間が短く、キャッシュフローが出にくいため・・・。
そこで今日新たな融資ルートを作るため、インターネットで色々検索し、1社銀行へヒアリングに行ってまいりました!
関西の地銀で、神戸に本社がある『みなと銀行』へ。
融資条件はこちらです。
【金利】2.5%前後
【期間】65-築年数 または80歳ー年齢
【融資割合】評価次第でフル・オーバーローン可!
【物件種類】分譲ワンルーム、戸建
【エリア】買主居住エリア・購入物件ともに関西圏限定
【属性】本業年収500万円以上、1年以上勤務 ※資産管理会社NG
戸建ての場合、耐用年数が木造の場合22年ー築ですが、今回金融商品の場合築20年以内であれば30年近く借りることも相談できるようです。
あくまで総合的判断になりますので、参考程度でお考え下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)