AIによる不動産投資シミュレーション コスモイニシアの「VALUE AI(バリューアイ)」を活用しよう!

現在、人工知能(AI)の技術が多くの分野で進出しています。不動産業界においても不動産テックと言われる協会が出来たり、すでにたくさんの「IT革命」が起ころうとしています。

私も今後、AIシステムを活用して不動産投資(物件購入)をしていこうと思っています。過去の記事でお話しましたが、AIシステムを利用する前に自分にとっていい物件、いい投資の定義(ルール)を先に決めることが大切だとお話しました。

まだ読んでいない方はこちらの記事を読んでください。
すでに実施されている人工知能(AI)を活用した不動産投資法 無料で利用できるサイトを紹介します。  AIを活用し不動産投資を始める前にまず、「自分流の投資定義」を決める!

今回の記事は投資定義が決まったら次に実際にAIシステムを使って投資分析しましょうというお話です。

本記事では、下記の内容を解説します。

本記事の内容

AIシミュレーション「VALUE AI(バリューアイ)」の活用方法

この記事を書いている僕は20代から不動産投資を始め、現在大家歴6年です。家賃収入は個人と法人名義で持っている不動産を合わせると約700万円ほどなので、実体験も含めてリアルなお話ができると思います。また、今後はAIは必ずくる時代と思っているため、AIの勉強もしています。

このブログでは私自身が行っている実体験を元にお伝えします。

1.一億を超えるビッグデータで将来価値がわかるAIシミュレーション「Gate.(ゲイト)」

㈱コスモイニシアのVALUE AIを説明する前に、まずはAIシミュレーションについて説明したいと思います。

あまり関係のない話かもしれませんが、㈱コスモイニシアがAIシミュレーションを作っているわけではなく、リーウェイズ㈱の「Gate.(ゲイト)」というAIシミュレーションをアレンジして作っているのです。

そもそもGate.というAIシミュレーションの立ち位置を理解すると今後、不動産業界におけるAIでの発展。将来のAI利用の可能性が急激に飛躍するかもしれません。

Gate.とは

1億件超の不動産データと人工知能による分析機能が搭載された不動産業務システム

 

現在のサービス

  • Gate. Investment Planner

    不動産投資の将来を予測する唯一のツール

    膨大な不動産取引ビッグデータを用いることで、将来の賃料変化や空室率をAIが自動的に算出。

    ワンクリックで高精度な収益シミュレーションを作成でき、審査資料、提案資料の作成時間を大幅に短縮することができます。「Gate.Investment Planner」は、金融機関から不動産事業者まで全ての不動産プロフェッショナルが求める機能が全て搭載されたツールです。

    【主な機能】
    ・最長50年先まで賃料、価格等の予測
    ・価格、賃料の妥当性チェック
    ・提案資料のレポート作成
    ・査定業務の効率化、高度化

  • Gate. Market Survey

    不動産市場調査ツール

    売買仲介、管理、賃貸仲介、企画開発等
    不動産業に関わる全てのシーンで必要な市場分析。

    Gate. Market Survey は誰でも簡単に物件やエリアに応じた豊富な情報をワンクリックで分析し、グラフィカルなレポートとして印刷できる​不動産業務に必須のツールです。

    【主な機能】
    ・周辺エリアの賃料相場表示
    ・商業施設の検索
    ・人口構成や世帯数などの統計情報表示
    ・人口推移など複数のヒートマップ表示
    ・調査結果のレポート作成

  • Gate. Plus
    自社の抱える課題や業務の効率化に対し、Gate.の持つビッグデータやAIなど各機能をカスタマイズ導入することができます。圧倒的な低コストで貴社不動産ビジネスにソリューションをご提供します。
    ☆コスモイニシア VALUE AIはGate. Plusを利用しています。
    その他採用企業 オリックス銀行 キャッシュフローシミュレーター

  • 導入企業

追伸:静岡銀行と資本業務提携を締結 2019年6月28日
参考 静岡銀、不動産向け融資審査にAI導入へ日本経済新聞

リーウェイズ㈱のGate.の立ち位置はあくまでビッグデータの蓄積と人工知能(AI)による分析機能が搭載された不動産業務システムの開発をしている会社で、そのGate.をアレンジして㈱コスモイニシアやオリックス銀行が独自のシステムを開発しています。

なので、もとは同じデータですが会社によって見せ方が異なっています。
例えば、オリックス銀行の「AIキャッシュフローシミュレーター」とコスモイニシアの「VALUE AI」の1番の違いは売却価格を出せるのが、VALUE AIで出せないのがAIキャッシュフローシミュレーターです。

理由は、そもそも銀行としては売却を想定しない。むしろ30年間のローンで貸すならば銀行側とすれば売却せず、ずっと借りてもらいたいので売却想定は考慮されていません。その反対にコスモイニシアは不動産会社のため、売却も想定する必要があるため、AIが将来価値を出してくれます。

元データのGate.には色んな情報があり、それをシステム依頼する会社によって、どのデータを組み合わせるかによって様々なAIツールができているのです。これが理解できると、AIは365日24時間一睡もすることなく、学び続けれるため、人間より正確な分析ができるようになります。また提携する企業の情報を吸収するたびにデータ量が増えるため、日々成長していく人口知能ということです。

なぜ、コスモイニシア VALUE AI(バリューアイ)を活用するのか

それは不動産投資は出口(売却)が重要であるため

先ほど、軽くお話しましたが、Gate.のデータをどう活用するのかというのが重要でオリックス銀行のキャッシュフローシミュレーターだと、将来の家賃推移はわかりますが、将来売却予想ができません。

やはり不動産投資は出口戦略も考える必要があるため、今回、私がAIシステムを活用して不動産投資の分析をするのであれば、「VALUE AI」をオススメします。

VALUE AI(バリューアイ)の使い方・活用事例

こちらのサイトで実際に使ったレビューが詳しく載っていましたので参考にしてください。

参考 業界初!AIによる不動産投資シミュレーション「VALUE AI」を実際に試してみた。不動産投資を考えるメディア

私も早速「VALUE AI」を登録して使ってみましたが、誰でも簡単にできるくらいシンプルな構造でした。不動産の情報(住所、物件名、最寄り駅、構造、面積)を入れるだけで、現在の推定価値・5年後の推定価値・10年後の推定価値がすぐに分析してくれます。

さらに、個人データ(融資条件、売却希望時期など個人によって変更する箇所)を入れることで、すぐにシミュレーションが変更できます。

今回は簡単に概要部分の説明だけですが、これから実際にポータルサイト(健美家、楽待、Yahoo不動産など)に掲載されている物件でシミュレーションした内容をブログでお伝えしていきます!

今回も参考に頂けましたら幸いです。

まとめ

まとめ
  • リーウェイズ㈱ Gate.は将来、不動産投資に必要なツールになる
  • オリックス銀行のキャッシュフローシミュレーターとコスモイニシア VALUE AIの違いは売却予想ができるか、できないか
  • VALUE AIはシンプルで活用しやすいAIシミュレーター