三井住友トラストL&Fが民泊向けローンを開始。早速、担当者に評判を聞いてみた結果

三井住友トラストL&Fが2019年10月1日より、「民泊事業ローン」を開始したということで、早速、担当者に実際に使える商品なのかなど、リアルな話を聞いてみました!

26大家

まず、簡単に「民泊事業ローン」の特徴についてお話しますね。
民泊事業ローンの特徴・メリット
  • 民泊利用を目的とした不動産の取得資金、所有不動産を民泊利用するために改築するリフォーム資金等、民泊事業に必要な資金専用のローンです。
  • 適用年率は一律3.90%。またお借入額が5,000万円以上となる場合は、2.90%が適用されます。
  • 長期でのお借入が可能で、余裕を持った返済プランを立てられます。

    参照:三井住友トラストL&F ホームページより

以前、ご紹介した三井住友トラストL&Fのアパートローンとの大きな違いは、民泊に対して融資をするか、しないかという点です。

その他の条件(金利や融資期間、銀行事務手数料)はすべて同じのようです!

通常のアパートローンの条件についてはこちらを見てください。

【5段階評価】三井住友トラストL&Fの不動産投資ローンの条件とは?

担当者にヒアリング 民泊事業ローンの活用例について

民泊事業ローンを開始して、まだ1か月も経っていないため、融資実行したケースは少ないですが、担当者の方にヒアリングしました。

26大家

民泊向けローンの反響はどうですか?

私の知る限り、正式に民泊OKのローンはないと思うので、かなりお問い合わせ多いのではないですか?

まずまずの反響ですね!

まだ1か月も経たないので、私はまだ融資実行出来ていませんが、申込はすでに数件頂いていますね。

銀行マン

26大家

1か月経たずして、すでに数件申込頂いているなら、すごいじゃないですかー!

ちなみに、その申込者はどんな物件を購入予定なんですか??

価格帯はだいたい数百万台から2000万円以下くらいの戸建てですね。

戸建ての購入費用と民泊向けのリフォーム費用合わせても5000万円以下が多いですね。

銀行マン

26大家

やはり、民泊するなら戸建てのになるのでしょうね。分譲マンションだと管理組合の規定上、NGが多いですもんね

今までのアパートローンと条件はほとんど一緒と言っていましたが、何か異なる点や注意する点とかあります?

そうですねー。

アパートローンを取り扱う部署と民泊事業向けローンを取り扱う部署が違うため、担保を評価する基準が異なります。民泊事業ローン部署の方が評価が出にくいです。

そのため融資金額が伸びない可能性があるので、そこは注意が必要かもしれませんね。

まず、購入予定物件が戸建ての場合、建物の評価は計算しないので土地評価のみになります。また、土地評価についても建物解体費などの経費を引いた金額が評価になるので、思っている以上に評価がされないケースがありますね・・・。連投長屋の物件や再建築不可の物件については、評価が0円になる場合もよくある話です

銀行マン

26大家

あー、そうですかー。

じゃあ、購入予定物件が仮に1000万円で、購入予定物件の評価が0円だった場合は、自分が持っている無担保の物件(Aマンション)が1000万円以上の評価がでれば、Aマンションを共同担保にすれば、買えるってことですよね?

仰る通りです。

今、申込頂いている方も無担保の物件を数多く持っている方で、いつもは現金で民泊物件を購入していたそうですが、この民泊向けローンが出来たので、現金を温存するためにこちらのローンを利用頂けることになりましたね。

基本的には、購入物件だけでは評価が足らないので、頭金を多く出して頂くか、無担保の物件を共同担保に頂くことになると思います

銀行マン

26大家

そういうことですねー。色々と勉強なりました!

民泊向けローンはまだ御行くらいしか取り扱っていないので、他の金融機関が躊躇している間に、是非、顧客獲得できるように頑張ってくださいね!

担当者にヒアリングした内容をまとめると。

担当者のヒアリング まとめ
  • 反響はまずまず。他の金融機関がやっていないため、今後も問い合わせは増加傾向にある
  • ローン条件は今までのアパートローンと一緒で、違いは民泊に対して融資をするか、しないかの違い
  • 5000万円以上だと金利が安くなる(3.9%→2.9%)が、実際は5000万円以下の申込が多い
  • 戸建て購入費用、民泊向けリフォーム費用として借入申込が多い
  • 購入予定物件は2000万円以下くらいの中古戸建が多い
  • 担保評価が出にくい特徴がある
  • その場合は自己資金多く入れるか、共同担保が必要になる
 
もし、民泊に興味ある方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

少しでも参考になりましたら幸いです。

今、借りているローンを見直したい方にオススメ!

今借りているローンの条件が下記に1つでも当てはまる場合

是非、借り換え診断(無料)をオススメします!

借り換えメリットのあるローン条件
  • 2013年以前に物件を購入している方
  • 現在金利が2%以上の方
  • 元本が1,500万円以上の方

26大家

すでに三井住友トラストL&Fでローンを借りている方は確実に金利が2%以上なので、是非、無料なので一度借り換えシミュレーションしてみてくださいね!

↓↓↓↓↓