投資家必見!2019年版「入居者に人気の設備ランキングTOP10」

2019年版「入居者に人気の設備ランキング」が発表になりました。

入居者に人気の設備ランキングとは、”週刊全国賃貸住宅新聞”が管理会社にヒアリングを行い、毎年発表している設備ランキングです。

設備ランキングは2種類あります。

  1. この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まる TOP10
  2. この設備が無ければ入居が決まらない TOP10
MEMO

”週刊全国賃貸住宅新聞”はおもに賃貸管理会社向けの業界紙ですが、一般販売もしています(年間購読:17,000円)

不動産投資家であれば、購読する価値は十分にあると思います!

”週刊全国賃貸住宅新聞”のサイトはこちら

では早速、設備ランキングにいきましょう!

この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まる TOP10

2019年、初めて「24時間利用可能ゴミ置き場」が単身者向け・ファミリー向けともにトップ10に入りました。

共働き世帯が増えたことと、単身でも旅行や出張などで決まった曜日にゴミ出しを出来ない場合、利便性を感じる入居者が多いようです。

余談ですが、私が住んでいるマンションも24時間利用可能ゴミ置き場があり、大変満足しているので、一度あるところで住んでしまうと次に、ないところに引っ越す選択はなくなりますね。

そして、「インターネット無料」は4年連続、単身・ファミリーともに1位を獲得。

今ではスマートフォンは一人1台の時代で、通信速度を考えるとインターネット設備はついてて当たり前の時代に。さらに最近では「インターネットの速度を気にしている入居者が増えた」というデータがあるようです。

インターネット費用の負担を考えると2,000~3,000円ほど高くても入居が決まるということは、オーナーとしては初めからインターネット設備を整えて、空室率改善&家賃UPし、インターネット設置代、ランニングコストは経費計上できるため、設備投資をする方がメリットあると思います。

あと、ファミリーでは「ガレージ」の人気が下がりました。おそらく、カーシェアリングをする家庭が増えたことや、以前ご紹介した「akippa」という物件敷地内にはガレージがなくても近くの空きスペースを貸し出すサービスがでてきたことが影響したのではないでしょうか。ただ、単身では昨年ランキング外から今年8位にランキングUPしているので、なんとも言えませんが・・・

次に、この設備が無ければ入居が決まらない TOP10の発表へ!

こちらのランキングの方を優先にして、すぐに実施しなければいけませんね。

この設備が無ければ入居が決まらない TOP10

2019年、「室内洗濯機置き場」が単身・ファミリーともに第一位を獲得!

安い物件に限って、ベランダに洗濯機置き場があったり、廊下に置いていたりしますよね。

現実的に置けない場合は仕方ないですが、もし、室内におけるスペースや給水・排水設備が移動できるのではあれば、10~20万円で新設できるので、是非やりましょう!

あと、TVモニター付インターホンや洗浄機能付き便座、インターネット設備導入に関してはすべて5万円以下で設置可能で、また管理会社や他のオーナーの許可なく、オーナー単独の判断で設置できるので、ここは抑えておきたいところですね!

 

惜しくもランキング外だけど、オススメする設備

この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まる TOP10ランキングで単身・ファミリーともにトップ5以内に入った「ホームセキュリティー」

ホームセキュリティーというと、大手警備会社が24時間監視してくれるサービスを導入している建物のことだと思いますが、なかなかアパートや戸建てでは設備投資としては割高になり、導入しにくいかもしれません。

そこで、以前にもご紹介しましたが、無料で防犯カメラを設置できるサービスがあるので、「ホームセキュリティー」ほど、家賃が高くても決まるわけではないかもしれませんが、少しでも入居者受けをよくするためにも防犯カメラを設置してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらの記事を見てくださいね。

無料で資産価値UP?! 防犯カメラと自動販売機が無料で設置できる理由とは?