投資家必見!2020年版「入居者に人気の設備ランキングTOP15」

2020年版「入居者に人気の設備ランキング」が発表になりました。

 

昨年は人気設備ランキングTOP10まででしたが、今年はなんと、5つ増えてTOP15になりました。ちなみに昨年のランキング結果を知りたい方はこちらの記事を見てくださいね。

投資家必見!2019年版「入居者に人気の設備ランキングTOP10」

 

入居者に人気の設備ランキングとは、”週刊全国賃貸住宅新聞”が管理会社にヒアリングを行い、毎年発表している設備ランキングです。

 

設備ランキングは2種類あります。

  1.  この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まる TOP15
  2. この設備が無ければ入居が決まらない TOP15
MEMO

”週刊全国賃貸住宅新聞”はおもに賃貸管理会社向けの業界紙ですが、一般販売もしています(年間購読:17,000円)

不動産投資家であれば、購読する価値は十分にあると思います!

”週刊全国賃貸住宅新聞”のサイトはこちら

26大家

では早速、設備ランキングにいきましょう!

この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まる TOP15

「宅配ボックス」が前年6位から2位と急上昇しました。理由としては、「共働き世帯の増加」「ネット通販の需要上昇」といった時代のニーズが反映された結果となりました。コロナウイルスの影響もあるのではないかと私は思っています。非対面で荷物が受け取れることは部屋選びのアピールポイントになります。

 

また、新しく14位にランクインした「遮音性の高い窓」
個人的にオススメです。私も今の家に引っ越した際、自腹で設置しました。騒音対策だけでなく、気密性が高くなるため、結露防止効果や室内の気温の変化が少なくなったり、費用対効果的につけて良かったです。

 

26大家

こちらのブログで設置した経緯や詳しい効果など、ご紹介していますので、気になる方は是非、見てください。

騒音で寝れない。騒音対策で1番効果があったのはこれだ!

 

今回の「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まる」では、単身者・ファミリー向けともに「防犯性」を求める傾向が見て取れる。

 

「TVモニター付きインターフォン」「防犯カメラ」のランキングが上昇した。昨年のランキングで、私が個人的にオススメした「ホームセキュリティ」も以前、高い位置をキープしていることを見ると、ただ「住む」ということ自体に必須な設備ではないが、例年ニーズが高まっているので、是非、大家さんたちは設置することをオススメします!

 

「TVモニター付きインターフォン」であれば、2万円以下で設置も可能です!

 

ホームセキュリティというと、高級住宅街の家がALSOKやセコムなど大手警備会社を導入しているとイメージされる方も多いと思いますが、最近はリーズナブルなホームセキュリティ会社もたくさんあるので、一度、資料請求してみることをオススメします。

 

そして、少し残念な結果になったのは「IoT機器」

融資不正問題で一時期話題になった「TATERU」が、以前からIoT機器を導入し、差別化したアパートをたくさん建てていましたが、結果的には世の中のニーズはないようです・・・。

ただ、今後もAI(人工知能)やIT化が急速に進んでいくので、「この設備があれば家賃が高く取れるランキング」に再度、上昇できると私は信じています!

 

それでは、次に「この設備が無ければ入居が決まらない TOP15」の発表へ!

 

こちらのランキングの方を優先にして、すぐに実施しなければいけませんね。

 

 

この設備が無ければ入居が決まらない TOP15

2019年に引き続き、2020年も「室内洗濯機置き場」が単身・ファミリーともに第一位を獲得!

 

26大家

安い物件に限って、ベランダに洗濯機置き場があったり、廊下に置いていたりするよね。

 

現実的に置けない場合は仕方ないですが、もし、室内におけるスペースや給水・排水設備が移動できるのではあれば、10~20万円で新設できるので、是非やりましょう!

 

単身者・ファミリーともに上昇したのは「浴室換気乾燥機」
浴室換気乾燥機の優位性が高まっている背景には「快適性」の高さが関係していそうだ。

梅雨時はもちろん役に立ちますが、その他の季節でも特に、女性の方で下着をベランダに干すことを避けたいと思っている方が多いので、重宝されてきていると思います。

実際に、私が保有しているファミリー向け物件も、入居者様から自腹でいいので、浴室換気乾燥機をつけたいと要望があった。今は外付けも可能なので、是非、検討してみてはいかがでしょうか。

 

2020年のランキング結果 まとめ

2020年度の「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まる」ランキングの結果は、「宅配ボックス」がコロナウイルスの影響もあり急上昇。そして、「遮音性の高い窓」が初ランクイン。

上昇している傾向としては、「TVモニター付きインターフォン」や「防犯カメラ」など、生活に必需品ではないものの「防犯性」を高めるものが上昇した。

 

次に、2020年度の「この設備がなければ、入居が決まらない」ランキングの結果は、昨年と同様に「室内洗濯機置き場」が1位に。

単身者・ファミリー向けともに上昇したのは「浴室換気乾燥機」
今までは生活必需品ではなかったものが、今では「この設備がなければ、入居がきならない」ほど、世の中のニーズの変化が起きている。

 

26大家

今日も少しでも参考になりましたら幸いです! ツイッターもやっているので、フォローお願いします。