築5年以上の不動産を所有している方必見!知らないと100万損しています。

この記事では、地震保険の賢い活用方法について、記載しています。

世の中、知らなきゃ損ということがあり、この内容を知っていると知らないでは平均100万円も損する可能性があると言われています。

儲け話には何か裏があって不安だと思う方もいると思いますが、この記事の方法は補助金のからくりに似ています。

知っている人は当たり前に申請し、補助金がもらっているが、知らない人は申請をしないがために、結果的に損をしているということになります。

それでは、どうしたらもらえるかこれから解説していきます。

26大家
26大家

気になる方は最後まで読んでくださいね!

なぜ、100万円も得するのか?

まず、下記の3つの条件すべてに該当する方は保険金が得れる可能性が高いです

  • 自己所有物件を保有している(自宅、投資物件など)
  • 築年数が5年以上
  • 火災保険に加入している

住宅を購入された方の約8~9割の割合で火災保険に加入されていると思いますので、築が5年以上経過しているかがポイントになります。

100万円も得れるチャンスの『からくり』とは過去の地震や台風などで被害があった個所に保険を申請し、保険金を受け取るという仕組みなのです。

その受け取り保険金額が平均にして100万円おりているということです。

この時点でからくりが理解でき、火災保険の申請をしたい方はこちら

26大家
26大家

まだちょっと理解できなくて詳しく知りたい方はこのまま読み進めてくださいね。

色んな疑問について、Q&Aで回答します。

質問1.大きな被害がないと受給できない?

回答1.保険金が下りるために被害の大小は関係なく、重要なのは原因なんです。

質問2.どういう原因なら保険金が下りますか?

回答2.被害の原因が補償範囲内の風雨や雪雷によるものと保険会社に判断されれば、被害が出た場所の現状復旧費は支払われます。

質問3.一見被害のないよう見えるが申請しても大丈夫でしょうか?

回答3.一見被害が何もないように見える家でも、保険金が支払われたりすることがとても多く 築5年以上の一戸建ての約70%以上で、平均100万円の保険金が下りています。

質問4.保険申請すると、保険料が上がらないか不安です。

回答4.ご安心ください。火災保険は自動車保険などと違って等級制度ではないので、 保険金を下ろした後でも、支払う保険料は一切上がりません。 保険申請も雪、雨、風、雷、火事などによって 被災箇所が増える度に何度でもできます。

質問5.保険申請に係ることについて。対象エリアや費用について

回答5.対象エリアは全国で対応可能です。費用については無料です。ただし、保険申請を代理で行い、かつ保険金が下りた場合は下りた保険金額の一部を成功報酬として代理人(保険申請会社)に支払います。

26大家
26大家

保険申請をプロに任せたほうがいいメリットについて、知りたい方はこのまま読み進めてくださいね。

保険申請をプロに代行したほうがいい理由

私も以前、台風の被害でガラスが割れたことがあって、火災保険の申請を経験をしました。保険会社からの案内に従って手配をすればいいのですが、被害内容によっては屋根や見えない箇所など、素人には難しいところもありますよね。

そんな厄介だなと思う理由を7つ発表します!

火災保険申請が厄介な7つの理由

1.被災箇所を探す為に、ハシゴなどで屋根に登って調査しなければならない

2.傷が被災によるものか、経年劣化によるものかの判別が必要

3.被災箇所を適切な角度で、写真撮影する必要がある

4.申請可能な箇所を見落としてしまうリスクがある

5.被災箇所が、具体的にいつどの災害によって生じたものかを特定しなければならない

6.被害に見合った適切な額の見積書を、作成しなければならない

7.保険会社・鑑定人とのやり取りを、正確に行わなければならない

火災保険を個人で申請するのはとても困難で、申請できたとしてもフロー内で 曖昧・適切でないポイントがあると、申請が却下されてしまったり、 本来支払われるべき保険金が減額されてしまったりする事も多いです・・・。

プロに依頼すると・・・下記の内容がすべて代理で対応頂けます!

  • 無料で実地調査
  • 被害箇所の特定
  • 見積書の作成
  • 保険会社とのやり取り
  • 個人では困難な火災保険申請
  • 保険金の受取手続き

からくりも疑問点もプロに任すメリットも理解できた方で、火災保険の申請をしたい方はこちら

26大家

保険委託申請から保険金を受け取るまでの流れについて、知りたい方はこのまま読み進めてくださいね。

保険委託申請から保険金を受け取るまでの流れについて

保険申請委託会社がサポートを行うので、簡単な手続きのみで申請ができます!

火災保険金取得までの流れ
  1. 被災状況の調査&写真撮影(1時間~1時間30分)
  2. 保険会社への提出書類&修理費用のお見積り作成
  3. 保険会社の現地立ち合い調査
  4. 保険会社からの被災認定通知
  5. 保険会社からのお客様口座へ入金

売却検討されている方におすすめ!

売却を検討されている方は、ダメ元でもいいので、一度保険申請を行うことをオススメします。

  1. まず、不動産一括査定を行う。
  2. その中から1番高く査定頂いた不動会社に売却の相談
  3.  売り出し価格を決める前に、とりあえず保険申請
  4. 保険金が下りたら、リフォームを行い、その分価格に上乗せする
  5. リフォーム済みの方が見た目やアピールポイントとなり、結果的に高く売れる可能性がUPする!

是非、保険申請は無料のため、売り出し前にとりあえずやってみましょう!