健美家 フルローン・低金利時代は終焉へ。「頭金3割」が求められる近未来に起こること。


フルローン・低金利時代は終焉へ。

本日掲載、健美家コラムにて。
リンクはこちら

冒頭の説明

登場人物は元金融機関勤務で現在は不動産投資家である岡元公夫さんと川村龍平さんのお二人です。
過去には金融機関の内側から不動産投資業界を見続け、現在も銀行マンたちとの交流から最新の情報を得ているというお二人は、昨今の状況の変化をどう見るのか? 全4回の初回です。

金融機関でお勤め経験のあるお二人で、お二人ともすでに退職し現在は専業大家さんになられているようです。

私も少なからず、友人や知人に金融関係で勤めている人がいますが、意外と不動産投資については否定的な人が多きがします(笑)
なぜなのかはわかりませんが、失敗した大家もたくさん見てきたのか悪い印象でもあるのではないでしょうか。

今回のコラムは全4回のうち初回
元金融関係者かつ現専業大家が今後の融資動向を予想する会です。

タイトル通り、今後はフルローンは難しくなり頭金割合が増える傾向にあると。
おおよそ3割程度になるのではないかという予想だそうです。

記事中でも書いていますが、私自身も同じ意見であり、同じ感覚です。
私が不動産投資を興味を持ち始めたのは2012年でした。
その当時、今みたいにサラリーマンに対してフルローンや比較的低金利(2%前半)で融資をしてくれる銀行はありませんでした。(今みたいに地銀や信用組合などなかったと記憶しています。地主さんには融資をしていたと思いますが)
ノンバンクや今話題のスルガ銀行が主に融資をしてくれていましたが、金利は3%後半~。
また共同担保が必要など、確実に今より融資条件は悪かったのです。

お二人のコメントでもありますが、ここ最近の融資が特別であって、融資が引き締められるというより以前に戻るという感覚に近いと思います。

そうなると、ここ最近から始めた大家は運よくフルローンで購入できてラッキーかというと、一概にそうでもないと思います。もちろん、しっかりと勉強されていた方は問題ないと思いますが、通常購入できない人が不動産営業マンに騙され、買えちゃった人も・・・。

事実、最近かぼちゃの馬車問題が発覚し、今後はおそらくスルガスキームで購入した地方中古RCが問題になると予想します。
本屋にいくと「自己資金0で」とか「〇年で資産〇億円」というキャッチコピーの本が多く並んでいましたが、今後はそのスキームが使えなくなるため、また違ったトレンドの時代になりそうです。

次のトレンドは何かな?

次はこれだというスキームの説明はありませんでしたが、とりあえず都心部で保有する方が無難だということなんでしょう。
記事でも記載していましたが、ストロー現象が発生し、地方の人口はドンドンと都心部に吸い取られると。
名古屋周辺の人口は現在増えていますが、リニアモーターカーがいざ開通されるとどうなるのでしょうか。

東京ー名古屋間が40分でいけるとなれば、気軽に遊びにいけたり、通勤だって可能になるかもしれません。
リニアもそうですが、今政府はスカイタクシーまたはドローンタクシーに力を入れるようです。

都心に住みながら1時間圏内で移動が可能になれば、わざわざその地方に居座る必要性がなくなります。
その結果、将来はもっと都心一極化になることが安易に予想できますね。
次のトレンドは何となく見えてきた気がします。

今回のコラム、大変参考になりました。第2回も楽しみにしています!

1 Comment

スルガ銀行について思うこと。それでも銀行は不動産投資への融資を辞められない。 | 26大家ブログ  親の実家を貸して不動産投資を始めたのはいいのだが。

[…] 健美家 フルローン・低金利時代は終焉へ。「頭金3割」が求められる近未来に起こること。 | 26大家ブログ  親の実家を貸して不動産投資を始めたのはいいのだが。 フルローン・ […]

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)