不動産大家こそ、費用対効果を考えて服を買おう


見た目は大事、ただ高ければいいのではない

いつも、不動産投資関連のネタばかり書いています。
今日は一風変わって、「服装について」書きたいと思います。

なぜ、不動産投資ブログで服装テーマで書くのか。

それは私自身が体験したのですが、不動産投資を始める前と始めた後、服装のみに限らず、生活において物の見方がガラッと変わりました。

始める前までは物の価値を考えず、とりあえず流行っている服や物を買っていました。
大学生時代はハイブランドや皆がお洒落だと思うような流行に合わした物ばかり。
毎月、服代にバイト代の半分以上かけていたと思います。

しかし、流行モノは1年ごとに訪れ、去っていきます。
前回のブログで、「不動産投資も流行廃りがある」というテーマでブログを書きましたが、ファッション業界の方がサイクルはとても早く1年ごとに流行が発表されます。

当時、流行を追っていた私は当たり前のように毎年毎年買っていました。

そして今。
仮に二つの服があり、今の私ならどっちの服を選ぶか?
流行の個性的なTシャツ(5千円)と流行にブレない無地のTシャツ(1万円)

後者の方が値段は高いですが、今の私が選ぶのは後者になります。
なぜなら、物の価値を基準に選ぶと、1年しか着れない個性的な服と何年も着続けれるオートドックスな服。
後者の服はデザインは一見普通だが、使用している生地の素材が良かったり、流行り廃りのないデザインで軽く2年以上は着るとすれば、年単位で計算すると後者の方がお得になります。

不動産投資を始めて、色んな大家さんと出会いました。
大家さんたちの大半の方はシンプルな服装で一見高価そうな服ではありません。
地主さん系の大家さんはサラリーマン大家さんと比べるともっと質素な服装のイメージです。

流行している今どきの高い服を着ない理由は別にお金がないわけではなく、ケチでもありません。

金額が高い安いの問題ではなく、この服を買って何をするのか。
ただお洒落したいというより、目的を達成するために服を購入することになります。
そういう考え方になったのは、不動産投資を始めてからです。

服だけではなく、生活用品全般でも同じ感覚になります。
不動産は安くても数百万、数千万、それ以上になると数億円と。
何枚服が買えるんだってということになりますが、不動産を買うのも服を買うのも同じベクトルで物事を判断し購入するようになるのです。

ただ。
不動産も服も、物の価値をどう調べるか。
不動産投資の場合は投資分析を行い、利回りはいくらか、このエリアの空室は大丈夫かなど購入前にシミュレーションし、購入価格を決定します。

では服の場合はどうでしょう。
残念ながら服については無知で、ただ服屋さんに行き、似合うか似合わないか試着し店員さんにアドバイスをもらったりと他力本願で本当にいいのか、どうかわからないのです。

そこで服に関してもある程度の知識をつけようと思い、こんな本を買いました。

骨格診断×パーソナルカラー 賢い服選び

 

本の内容

※amazonページ参照

おまたせしました! 10万人が選んだ最強メソッドついにメンズ版が完成!

「服選びは正直めんどくさい・・・」そんなふうに思っているあなたへ。
それなりにきちんとして見られたいけど、センスや体型にあまり自信がなく、何を着たらいいかわからない。
そもそも、服にお金も時間もかけたくない・・・

服はセンスでなく論理で選ぶと失敗しません。
骨格診断とパーソナルカラーのメソッドで、似合う服に最短距離でたどりつく方法を教えます!

女性版は累計16万部突破! 2017年一番売れたファッション書籍

【目次】
第1章 骨格診断
第2章 パーソナルカラー診断
第3章 骨格タイプ別 定番アイテムとコーディネート
第4章 骨格診断×パーソナルカラーで見つける似合うスーツ


皆さん、この本の内容についてどう思いましたか?

私はファッション誌も読みますが、ファッション誌に出てくる人はモデルだけあって、イケメンで高身長と何を着てもカッコいいのです。いざ、モデルと同じ服を購入し、着てみると思っていたものと違ったりします。

結局のところ、不動産投資と同じで自分にとって似合うか、いいものかというのは人それぞれなんだと。
不動産投資の場合、自己資金や利用できる銀行によって購入できる物件に限りがあったり、自分にとってどんなタイプ(戸建、アパート、ワンルーム投資など)が好みかによって、変わってきます。

服の場合も同様で、この本ではセンスではなく、論理で選ぶと。
例えば、「骨格」
肩幅が細い人もいれば、広い人もいます。
上半身に重心がある人もいれば、下半身に重心がある人もいます。

本では3つのタイプ(ストレート、ウェーブ、ナチュラル)に分けて、1つのタイプごとに解説があります。
ストレートタイプは全身に厚みがあり筋肉のハリが特徴
ウェーブタイプは首が長くスタイリッシュな体型
ナチュラルタイプは骨や筋が目立つがっしりとした骨格

タイプごとにどんな服が似合うのか、似合わないのかをセンスではなく、論理的に解説してくれています。

不動産投資をしている人は投資分析など、数字や目に見える形で表される方が安心しませんか?
私は論理的にこういう理由だからこんな服が似合うと言われる方が腑に落ちます。

そして、骨格診断だけではなく、次にパーソナルカラー診断があります。
色も、人それぞれで自分にあった服の色も診断します。それによって、服のタイプと色が分かります。

そうなると、別に高級な服ではなくても、自分にあった服であればお洒落に見えると!
高ければいいのではなく、いくら高い服でも自分に似合ってなければダサく見えます。

12個の服、アイテムがタイプごとに紹介されており、組み合わせの解説があります。
これを元に服、アイテムを揃えてけばいいという、シンプルな方法です。
また買い物をいく際にもどんな服がいいか、迷いながら行くと店員さんのオススメを買うハメに・・・。

自分に似合う服を知った上で、行く前から「今日は白のこんな形のシャツを買いに行こう」と決めて行けば、大きな出費も抑えられ、一石二鳥であります。

気になる方は是非、読んでくださいね。
本はこちらから購入出来ます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)