スルガ銀行の影響か? 西〇信〇金庫、融資引き締め


不動産融資ローンに積極的だった西〇信〇金庫

スルガショックやかぼちゃショックなどと言われている、スマートデイズ社のシェアハウス破綻問題

この影響で更に融資引き締め傾向に動いたのは事実ですが、以前より金融庁から各銀行宛に融資引き締めの号令が出ていたとも言われています。たしか、3年前の年末あたりだったような気がします。

4年前ほど、東京のオーナーさんと飲みに行く機会があり、関東圏での不動産投資ローンについて話を聞いたことがありました。その当時、勢いがあった銀行として名前がでてきた銀行が、西〇信〇金庫、千〇銀行といった地方銀行でした。

たしか、サラリーマンに対してのワンルームローンでも金利1%後半~2%程、フルローンOKと好条件でした。
その人は毎月の1~2件ペースで急速に融資を利用し、資産を拡大していきました。
その当時の市況といえば不動産価格は一旦、上がりきった感がありそうな雰囲気でしたが、その人は融資が積極的な間に借りれるだけ借りたいとのことで、引き締めになるまで借り切り、そしてここ2年間は全く追加で購入していないようです。

今思うと、本当にその人の言っていたとおり、好条件で融資をしてくれる間に私も購入していたらなと少し後悔していますが、西〇信〇金庫は関西圏に支店はなく、原則関東圏(支店がある範囲内)に居住していることが条件なので、裏技を使わない限り融資は難しかったのです。

この裏技とは、スルガ銀行が利用した改ざんとかではなく、単純に資産管理法人にも融資して頂けるため、法人名義で関東圏に物件を購入し、そこに法人登記をするといった感じで何の問題はありません。

2年前まで個人はもちろん、不動産業者へにも好条件で融資していたそうです。
通常、不動産会社が利用するローンは事業性が高いため、高金利でかつ期間が短い(1年程度)ローンしか借りれないケースが多い中、不動産会社に対しても個人向けのローン並みの条件で貸していたようです。
内部保有目的で不動産を購入する不動産会社にとって、重宝されていたようです。

そんないい噂が多かった西〇信〇金庫さんですが・・・
最近は昔みたいな勢いはないようです・・・

最近の情勢とは

つい先週、関東に自宅があり、今転勤のため関西に来ている友人から不動産投資の相談を受けました。
友人は関東首都圏で物件を購入したい願望もあったので、「じゃあ、西〇信〇金庫の○○支店の○○さんに聞いてみたら?」ということで、先に私から銀行マンに連絡し、友人に繋いであげようと思って連絡してみたのです。

約2年ぶりくらいに電話しましたが、まだその支店で在籍されており、この2年間でどう融資環境が変わったのか、説明してくれました。

以前はサラリーマンにも積極的に融資していましたが、現在は全くサラリーマンに融資しないわけではないようですが、あまり規模の大きいもの(1棟マンション、アパートなど)は審査が通りにくくなっているため、ワンルームなど小ぶりサイズで案件の方が望ましいようです。

そして、以前はフルローンがいけたところが、今では頭金2割は出してもらっているそうです。

銀行マンからは「私の紹介ってこともあり、頑張って融資しますよ」と言って頂き、嬉しかったのですが、正直この融資条件であれば、他の銀行の融資を利用した方がいいのが本音なところです。

以前であれば、関東首都圏でも上位に入るくらい好条件で融資してくれていた銀行でしたが、今はかぼちゃ問題もあり、様子をみないといけない時期に入ってしまったようです。

関西圏の地方銀行も多少は融資引き締め傾向ではありますが、イメージ的に関東ほど引き締め感はないような気がします。かぼちゃの馬車が関西にはなく、関東エリアのみだったことも影響しているのか、かぼちゃショックの直接的影響は少なそうです。まだまだサラリーマンにも積極的に融資をしてくれている銀行もあるようですので。

不動産投資の融資状況はコロコロ変化するので、今後もアンテナを張っていきたいと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)