投資マンションのしつこい営業電話に困っている方必見!! 嫌な思いをしない断り方 

どうも皆様、こんにちは!

20代から不動産投資をはじめ、コツコツ資産拡大に向け日々勉強中の26大家です。

今までに不動産会社からの勧誘電話でしつこいなーと思ったり、迷惑している、また恐喝?まがいな怖い体験された方はいませんか?

勧誘系の多くは新築ワンルームマンション買いませんか?という電話やお持ちの不動産、売りませんか?という電話だと思います。どちらかというと、前者(買いませんか?)の方がトラブルになっているケースが多いと思います。

いつも不思議に思うのですが現在、インターネットやスマートフォンなど情報が以前に比べ、手に入りやすい時代になった今でも電話での勧誘は無くならないんですよね。

ということは、まだまだ有効な方法なのでしょう。

電話営業自体が悪いわけではないですが、しつこい勧誘・恐喝まがいな営業、詐欺まがいな営業は本当に良くないです!

電話営業自体はなくなれば良いのですが、現実的ではないので今回は正しい断り方についてお話します。

なぜ、私の電話番号を知っているの?

まず、勧誘電話の情報源の多くは名簿屋から名簿(大学卒業名簿や勤務先名簿など)を購入し、片っ端から電話をしていきます。
※名簿を購入すること自体は合法です。

名簿屋に名簿が売られてしまうと不特定多数の営業会社に購入され、情報が流出してしまうのです。

最近は個人情報保護法の兼ね合いから名簿自体作成しない傾向にありますが、ひと昔前は学校でも連絡網があったと思います。
極一部の心無い人が名簿屋に一人数円〜数百円(希少性や属性で金額が異なる)で個人情報を売り、名簿屋がまた売るというサイクルになるのです。

気になる方は「名簿屋」と検索ください。
高所得者名簿や不動産名簿があり、不動産名簿の中にはさらに細かくアパート所有者名簿、ワンルーム所有者名簿まであります。

例えば、不動産売りませんか?という営業電話はここでワンルーム所有者名簿を購入し電話をするのです。

「お持ちの〇〇マンション、空室とかお悩みないですか?
これから人口減少し空き家問題も深刻化するので、今の高いうちにお売りになった方が良いですよ」と不安を煽り営業するのです。
そして、相場より安く売却・買取り利益を乗せて売るスキームになります。

800万円で所有者から買取、1200万円で売る。
通常であれば、1200万円で売れていた物件を安く買い叩かれたことになります。

売りませんか、買いませんかという勧誘電話の断り方はどちらも同じです。

しっかりと断る。曖昧な返答は避ける!

勤務先や自宅、携帯電話に勧誘電話が掛かってきた際、興味がなければはっきりと「興味ありませんので、名簿から削除ください」と伝えましょう。

曖昧な返答だけは避けましょう。

・忙しいので
営業マンからすると、忙しいから話せないのだ=時間を改める
→脈あり!!

・良くわからないので、結構です。
営業マンからすると、知らないだけ=説明をする
→脈あり!!

・今は結構です
営業マンからすると、今はってことは=いずれは
→脈あり!!

日本人らしいと言いますか、ついつい相手を傷つけないように優しく断ると営業マンは反対にこの人は断ることが苦手(できない)人と判断し、より勧誘が増すのです。

騙されて購入した人を見ると、なんとなく共通点があります。
偏見かもしれませんが、押しに弱く、意思が弱い方が多い印象です。

はっきり断ることは大切ですが、過度にこちらから怒鳴ったり、相手と言い合いになるようなことは避けましょう!

冷静に対処しましょう。
営業マンも好きであなたに電話をかけているわけではないのでwww
あくまでお仕事として電話をしているだけなので、ここは冷静に。

一度断ったのにまた同じ会社から電話があることはよくあると思ってください。
なぜなら、会社によって名簿の保管方法が異なり、営業マン自身で名簿を購入するケースや会社として購入しているケースもあり、会社で共有して使用している場合は一度断ってもまた別の営業マンがかけてしまうケースも十分あり得るのです。

脅迫など、身に危険を感じたら

はっきりと断ったにも関わらず、しつこく勧誘されたり、恐喝被害も発生しています。

多くは言い合いになり、ヒートアップしていくケース。
そのため、先ほどもお話した通り「冷静に」を心がけましょう。

相手も仕事で電話しているので、いきなり恐喝な行為はしないと思うのです。
しかし、どうしても恐怖に感じた場合の正しい対処は不動産協会などの免許権利者に連絡しましょう。

不動産会社=宅建免許業者は都道府県免許または国土交通免許のどちらかを取得しています。

そのため、免許権利者(所在都道府県または国土交通省)に被害相談すると不動産会社に伝えると免許を失いたくないため、それ以上はしてこないでしょう。
また名簿には住所も記載しているケースがあり、今から行くなど脅される被害もあるようです。その場合は免許権利者だけではなく、警察には相談しましょう!

まとめ

・電話営業自体はなくならない(断っても別の営業マンから電話くることもあり!)

・冷静にしっかりと断りましょう!

・どうしてもしつこい、恐喝される場合は不動産会社の免許権利者に相談しましょう!(場合によっては警察にも)