とくダネ!で本日放送 akippaを利用した空きスペースの活用法 2組の事例を解説!

皆様、こんにちは!

20代から不動産投資をはじめ、コツコツ資産拡大に向け日々勉強中の26大家です。

本日、フジテレビ系列 朝の情報番組「とくダネ!」で、空きスペースをうまく活用する方法が放送されました。番組内容はakippa株式会社が運営している仲介サイトを紹介しており、実際に利用している2組のお客様がなぜ、利用したのか、どれくらいの収入が入ってくるかなど、実体験に基づく内容を放送していました。


akippaのサイトはこちら

akippaとは

参照:akippa株式会社ホームページより

akippaとは
駐車場を15分単位で予約したり、空いているスペースを駐車場として登録ができるサービスです。

akippaの仕組み

個人宅やマンション、事業所などの空いているスペースをお持ちの方(オーナー)が、akippaに駐車場の登録・掲載行い、駐車場を利用したい方(ユーザー)に提供します。

ユーザーは、akippaにて駐車場をオンランイン決済で簡単に予約し、利用することができます。

オーナーは、駐車場が利用された料金に応じた報酬を受け取る事ができます。

空いているスペースを有効活用した、今までにない新しいシェアリングサービスです。

akippaの特徴

・駐車場の予約ができる

・空きスペースを有効活用するから安い

・10日前から予約できる

・時間内の入出庫が自由

・空き地や月極、住宅の空きスペースを駐車場として活用できる

・初期費用タダで即駐車場オーナーになれる

・ネットからの登録で簡単に駐車場オーナーになれる

よく使われる駐車場の特徴

・スポーツ観戦、コンサートなどのイベント利用 特にコンサート開催時は、予約受付開始直後に満車になるほど人気です。

・観光地、都心部などコインパーキングが高い

・満車の多いエリア

「コインパーキングがどこも満車で駐車できない」

「駐車場にはなんとか駐車できても、出庫時が渋滞で大変」

「初めて行く場所で、駐車場があるか不安」

車を利用される方なら、きっと誰もが1度は経験があることではないでしょうか?そんな困りごとを無くし、駐車場不足という社会問題を解決するのがakippaです。

では、実際にakippaを利用した活用方法をお話します。

免許返納後、「民駐」として活用した事例

1組目の方は高齢の方で最近、高齢者の事故が増えてきており社会問題になっています。そんな中、ご自身も大きな被害はなかったものの事故を起こしてしまったそうです。事故をきっかけに家族で免許返納した方がいいのか話し合った結果、免許を返納することに。その後、使わなくった駐車場をakippaを通じて、時間貸しの駐車場として活用。

2015年7月から利用し、今までで約40万円ほど収入があったようです。仮に4年間で40万円しかないの!?と投資家目線だと、少し収入や利回りに関して残念な感じはしてしまいますが、ここは利回りだけではないメリットがたくさんあると思うのです。

1組目の考えられるメリット

1.社会問題になっている「高齢者事故」を防いでいる

2.車の維持費(約30万円/年)を節約 実質120万円お得!

3.年金以外の収入源に。通常0円の空きスペースが年10万の収入に。

MEMO

1組目の方のまとめ

・始めた理由は免許返納後、駐車場が空きスペースになり、akippaを利用開始した。

・収入は約4年間で40万円の収入に。

高齢者夫婦二人 収益面より防犯面を期待して利用開始

こちらの方は1組と少し異なり、収益面を期待して導入したのではないようです。事実、貸している自宅駐車場の周辺はたくさんの時間貸し駐車場があり、一見akippaを利用するにはとても不利な立地と思われます。

しかし、このオーナーの目的は収益ではなく、防犯面を期待し導入をされました。高齢者の二人暮らし、自宅前に車があるだけでも多少の犯罪抑制に繋がるのではないでしょうか。

このakippaの特集を見て、思ったのは今まで不動産投資で重要なのは収益面と思っていましたが、世の中、収益面だけではなくその他にも人にとってはメリット(魅力)になることもあることに気づかされましたね。そこのズレにまたビジネスが生まれるのでしょうね。

2組目の考えられるメリット

1.犯罪を抑制する(防犯面)

2.番組にはありませんが、見守りサービス的な使い方になっているかも

MEMO
2組目のまとめ

・始めた理由は防犯面で導入

・収入について、金額の話はありませんでした。おそらくそんなにないかと。

実際の利用者 借りる側と貸す側で意見が別れる?

借り手側にとっては、周辺駐車場より安くて目的地の近くで車を駐車できるので大きなデメリットは特にないのではないでしょうか。周辺より高かければ、利用しなければいいだけなので、ほぼデメリットはなしと言えるでしょう。

一方、貸し手側の意見としては?

反対に貸し手にとって、収益性を重視する人にとっては浮き沈みがあるので不満が出てきてしまうかもしれませんね。今日の「とくダネ!」で紹介された方のようにもともと投資目的で行っていない人にとっては通常お金を発生しない(0円)ところに収益が発生した時点で十分満足されるのではないでしょうか。

この空きスペースをうまく活用した仕組みは今後、伸びてくるマーケットだと思っています。今使っていないスペースを貸すだけのため、初期投資費用はかかりませんし、時代的にも受け入れられる時代になってきていると実感しています。

例えば、メルカリのように。昔はBtoB(会社から会社へ取引)またはBtoC(会社から個人へ取引)が一般的ですが、最近はCtoC(個人から個人)のマーケットが当たり前になりつつあります。

今回のakippaの仕組みのように、個人の使っていないスペース(今回であれば、駐車場)を個人の方に時間貸しする、いわゆるCtoCビジネスが成り立っています。

これからは空いているスペース貸したい側と借りたい側がなんのストレスもなく貸し借りができる世界になるのではないでしょうか。

akippaのサイトはこちら