スマートデイズ社のかぼちゃの馬車問題 2月に入ってまた新たな問題か?


新たな問題

先月、スマートデイズ社の経営危機によって1月分から家賃送金がストップするニュースが表に出ました。
オーナー達にとってはローン返済は止まらないのに家賃収入が止まってしまう最悪な状態となり、融資をした銀行に対して様々な交渉をしているらしいです。
金利交渉や返済額の交渉はもちろんですが、そもそも銀行とスマートデイズが仕組んで騙したのではないかという疑いからの理由で借り入れ自体をなかったものにしようとしている方もいるようです。
今回の件は様々な意見が出ているようでベテラン大家さんの中には騙される方が悪いという意見もあるようです。
確かに不動産投資を長くやっていると明らかに怪しい話とすぐにわかります。
相場がわかる人からするとかぼちゃの馬車は物件価格(建設費)はかなり高く、サブリース賃料も相場よりかなり高く設定されており、ツッコミどころ満載です。
また企業の倒産リスクを調べると3年前からいつ破産するかわからない経営だったこともわかります。
事前にしっかりと調査していたならば、もちろん購入しなかっただろうと思います。
やはり投資分析が最低限できなければ購入は控えた方が良いと思います。
投資分析ができるレベルであれば、不動産関連の本を読んだりインターネットで検索する習慣が出来ていると思います。
少しインターネットで調べれば、色々情報は出てきます。(全ての情報が正しいとは言えませんが・・・)

今後の銀行の行方

別の銀行マンに聞いた話ですが、このまま4ヶ月経ちずっとローン返済が滞ると担保請求に動き出しどんどん自己破産者が増えていき、その結果スルガ銀行に金融庁が入ると。
最悪、その他の銀行にも金融庁が入ってしまう可能性もあるようです。
そうなるとアパートローンは引き締めどころではなくなってしまいます。

管理会社の問題

家賃送金がストップすることがわかった時点で管理会社変更した方がスマートデイズ社と新しい管理会社で家賃の受領で揉めている噂もあります。
借主が支払った家賃を受領し、通常であれば新しい管理会社へ渡さなければいけないところ、何かと理由をつけて保留しているそうです。
あと中には悪徳業者もいるようです。
スマートデイズ社の会社説明会に参加し不安を煽り管理解約や売却の営業を行う会社もあるようです。
シェアハウスを運営している会社や売却を預かりたい業者にとっては獲物が目の前にいるのですから。笑
そんな感じで事件から2週間くらい経ち、様々な問題が多発しています。
もちろん助けになる情報や業者もいることは事実ですが、中には騙す者もいるのも悲しいですがいます。
二次被害に合わないように気をつけてください。

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)