転倒しても起き上がれるか「スルガ銀行」

日経平均は急に下がったり上がったりと先を読みにくい中、スルガ銀行の株価も思ったより下がらないなーなんて思ってたら。
本日、-103円の急降下となりました。
私はあまり株式投資には詳しくありませんが、遊び程度でやっています。
日経新聞を読んだり、日本経済や海外経済に株を持っていると少し気にかけるようになり、その結果不動産投資にも生かせているところがあります。
不動産投資をやっている人は株式投資も行っている人が多く、今回のスルガ銀行の株価についても話したりします。
銀行系の株の動きは不動産投資とも連結しているところもありますので、アンテナは張っています。
スルガ銀行の今後の動向について、あくまで個人的な感想に過ぎませんので参考程度でみてください。
かぼちゃの馬車を購入した方の多くはスルガ銀行からお金を借りて行っているため、このまま何の打開策もなければ4か月目から担保として提供した不動産や連帯保証人に影響があるかもしれません。
その結果、市場にかぼちゃの馬車が大量に売り出されるかもしれません。
それだけではスルガ銀行もすべての債権を回収できないため、5月の決算で大赤字の結果が表れると予想します。
通常、物件の担保評価と個人への貸付をするため個人の資産を両方加味し融資審査しますが・・・。
噂話で物件自体の担保価値はほぼ土地値のみ。
個人の資産も偽造し多く見せている可能性もあるようです。
そうすると、担保評価自体で裸与信になっているため、本当であれば個人資産でカバーしなければいけないところ、これまた個人資産も疑わしいと。
ツイッター情報では「スルガ銀行とスマードデイズ社は結託していない」という覚書を交わしてリスク回避しようとしている情報や普通には返済できないため、金利部分のみの返金で合意したなど情報が飛び交っています。
しかし、金利のみの返金ということは元本は一切減っていないため、一生払い続けなければいけないということで、すぐにまとまった人数に破産されるとスルガ銀行としてもまずいため、期間をずらしながらじわじわとやっていくイメージかもしれません。100年ローンみたいな感じでしょうか。

 

今回のかぼちゃの馬車問題で窮地に立たされるスルガ銀行ですが、倒れても是非起き上がってほしいと望んでいます。
決して、倒れたまま逃げずに何かいい方向に進んでもらいたいと思います。