「スルガ銀行、なぜ私文書偽造を見抜けなかったのか。

スルガ銀行、なぜ私文書偽造を見抜けなかったのか。

まず、こちらのサイトに書いている一文が気になりました。

参照サイト:yahooファイナンス 「かぼちゃの馬車」で暴利を貪るスルガ銀行の闇

「実は『株式350万円』を『現金3500万円』に書き換えて提出しました」

ん?
堂々と銀行に嘘をついていたことを暴露しています。
文章を読むと、スマートデイズの営業マンが勝手にローンを通すために行っていたような内容ですが普通、この時点でこの不動産屋危険だなーと思わないのでしょうか。

銀行に提出する本人書類は当たり前ですが、嘘をついてはいけません。
銀行の融資審査に大きく左右するからです。

一部のオーナーは銀行が貸してくれる=事業として成り立っていると勘違いしている方もいるようですが、それを言うのではあれば、その他の事業融資にも同様、銀行が事業性をみてそれに見合った融資をしているのであれば倒産した会社が銀行に対して同じ発言をするのでしょうか。

不動産投資は投資と言う言葉がついているので勘違いされがちですが「不動産賃貸業」という言葉の方が正しいと思います。
事業は単純でいくらで買って、いくらで貸して、いくら残るのか。
単純な事業でまた銀行が融資をしてくれるため、始めやすいメリットがありますが反対にかぼちゃの馬車みたいにカモにされる方が後をたちません。

銀行に対して嘘の申請は絶対してはいけません。
もし、バレると・・・。

銀行から一括返済を求められます。

今回のケースでは業者が嘘の申告を自ら行っていたようです。
サラリーマンで2億円もの大金を融資してもらえる方は年収2000万円以上で住宅ローンなどの借り入れがほぼない場合は年収の10倍までは可能性があるかもしれませんがだいたい1億円以上組む場合は支店決済ではなく、本店決済になり審査が急激に厳しくなる銀行が多い中、スルガ銀行は支店・支店長に決済権を握らしているようでそれがいい面になっていた時代もあったようですが、今回の場合は裏目になったようです。

ごく一部の支店のみがかぼちゃの馬車に融資をしていただけで融資をしていない他の支店はかなり迷惑しているようです。
真っ当に業務をしていた支店もあると思いますよが、側から見ると申し訳ないがスルガのイメージは今は最悪である。

ここで疑問なのが
「実は『株式350万円』を『現金3500万円』に書き換えて提出しました」
こんなことくらい見抜けないのか?ということです。

エビデンスは取らないのか。
融資審査書類に預金額を書いたのであれば、しっかりと通帳や株などであれば証券を調べると思うのですが。
コピーではなく原本やネットバンキングの場合は目の前でログインしてもらい確認する必要があると思います。

仮にスマートデイズ社の営業マンの方が上手でスルガ銀行も知らないところで騙されたとしても、今まで過去に私文書偽造で金融庁から指摘されてきた銀行はたくさんあったはずです。
もしスルガ銀行がスマートデイズ社と結託して、ごく一部の支店が自我の成績のために偽造を見逃していた場合は最悪ですね。

結託していなくても、偽造を見抜けなかったことに金融庁としてはもちろん指摘するだろうし、どっちみち貸したお金を回収出来なければいけないのはスルガ銀行であります。
見抜けなかったことはまずないと思うので、このサイトの文章通り営業成績を優先してしまった結果がこの事態を招いたと予想します。

まとめ

見抜けなかったのでなく、目先の売り上げ(成績)を取ったごく一部の支店の仕業である。