かぼちゃ被害者の会がスルガ銀行に白紙要求した結果 みんなのコメント


白紙要求したことについて、思うこと

森友学園の改ざんニュースで影を隠しているが、かぼちゃ問題も益々メディアに取り上げられ認知度が上がってきているなと実感しています。私がブログで書き始めた時はメディアにもブログにも掲載している方は少なかったのですが、ここ最近は企業までも便乗してきました。

それもこれも、かぼちゃ被害者の会が発足しスルガ銀行に対しローン返済停止要求からの融資白紙要求へと過激的になったことが大きな要因となったと思います。

そんな中、被害者ではない一般人または不動産投資家たちの意見やTwitterのコメントを見ると「白紙要求なんて、馬鹿げている」とコメントしている方もいましたし「不動産投資はリスクが付き物、成功した時は何も返さず、失敗した時だけ融資をした先に文句をいうのは間違っている」というコメントまで。

融資白紙要求なんて未だかつてない為、私自身もどうなる事やら全く想像も予想もつきません。
私もいち不動産投資家としては今回のかぼちゃの被害は事前に知識があれば防げた投資だったと思っています。
当時から黒い噂もありましたし、スルガ銀行で1件目から融資を受けるまたスルガ銀行以外の銀行評価を確認しないまま契約したことも失敗した要因です。

不動産投資は投資という字がついていますが、結局のところ「不動産経営」なのです。
もし、シェアハウスモデルが失敗した時どう転用するか、また金利が高いスルガ銀行で組む場合次の借り換えできる先を探すなど、事前にもし失敗した時のリスクを多方面から考える必要があったと思うのです。

ただ、結果論になるので今更言っても仕方ないので今できること。
メディアにも取り上げられ勢いが乗っている今こそ、白紙にできるように一致団結し頑張ることが今できる最大のリスク回避になると思います!

昨日のブログもたくさんの反響がありました。

昨日のブログでエビデンスチェックが甘い銀行はスルガ銀行だけではないと書いたブログでもたくさん反響を頂きました。

ブログでは銀行名は伏せていましたが、Twitterで他の方が銀行名まで記載したツイートもありました。
メガバンクでも通帳の写しで対応していたと。
正直、2年前は他の銀行もそんな感じでした。

なので、昨日のブログでも書きましたがエビデンスチェックを理由に白紙にするのであれば他の銀行も同様白紙にできるという事例を作りかねない為、今回の白紙要求は難しい点が数多くあります。
しかし、私は弁護士でもなく法律に強いわけではありませんので、もしかするともあるのかもしれませんね。

また新しい情報を掴めましたら更新します!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)