ついにかぼちゃの馬車 スッキリで放映!

メディア露出が加速している

今朝、ふとテレビをつけると・・・

ついに朝のニュース「スッキリ」でも取り上げられることになりましたね。
人気がある番組の中で特集されていました。
内容は被害者がインタビューを受けており、簡潔にいうと皆が銀行に騙されたと。笑
改ざんをしたのは不動産会社だけど、銀行が貸してくれるっていうから信じて買ってしまった・・・
と、ざっくりはこんな内容でやはりスルガ銀行に対して、融資白紙に向けたPR戦略みたいな印象を受けました。

また、司会者の極楽とんぼ 加藤さんはどこまで今回のかぼちゃ問題について知っているのか定かではありませんが、インタビューのVTRに引っ張られ過ぎて、他のコメンテーターは「甘い話には必ず裏がありますからねー」と投資家自身にも非があるようなコメントをしても、そのあとに被せるように加藤さんが「でも、銀行がしっかり審査してたらこんなことなっていませんからね!」と被害者の肩をもつコメントばかりで、もし今日初めてスッキリを見て、かぼちゃの馬車を知った人たちからするとスルガ銀行が100%悪く、また悪徳銀行なんて思う方もいるんだろうなと思って番組を見てました。

メディアの影響力はいかほど

朝のニュースは人によって、毎日同じ番組を見る人もいれば、私みたいに特定の番組はなくその時に特集をしている内容によって番組を変えている人もいると思います。
朝のニュース番組の構成をみると、番組ごとに特色があるので面白いです。

例えば、最近の朝日テレビは連日、森友問題ばかりだったりと。

今の若者はテレビ離れで視聴率が伸びないなんて言われていますが、やはりまだまだマスメディアとしてはテレビが1番影響力があるのではないでしょうか。高齢者の情報源はまだテレビだと思います。

今回でかぼちゃの馬車問題はどうなるのか。
冒頭でも話したように全く知らない人が今日のスッキリを見た場合、銀行が1番悪いと感じてしまったり真実とは何かと疑問に思うこともあります。

しかし、不動産投資も同じで甘い話には裏があったり、ニュースの話も100%鵜呑みにせず気になることは自分で調べるなど客観的にみる力が必要だなと思います。今の時代、ネットが普及し便利になった分、嘘の情報も含めあらゆる情報が手軽に入手できます。不動産投資の情報もたくさんありますが、結局は自分にとってどうなのか、常に自問自答しながら情報収取しなければいけませんね!