スルガ銀行が急落、JPモルガン証は投資判断「アンダーウエート」に引き下げ

株価急落のスルガ銀行

スマートデイズのかぼちゃの馬車問題発覚から日々、スルガ銀行の株価は下がり続けています。

そんな中またスルガにとって悲しい話が。

https://m.finance.yahoo.co.jp/news/detail/20180328-00313804-mosf-stocks

JPモルガン証券は27日付でシェアハウス関連融資への関与可能性の高まりを受け投資判断を「ニュートラル」から「アンダーウエート」、目標株価は2060円から1300円に引き下げた。
今後、当局検査などの結果、業務改善命令などが出され顧客離れが起こるなら足元の株価水準を割り込んでいく可能性があり、このタイミングでのエントリーはリスクが高いと指摘。夏頃まではこうしたリスクの顕在化を警戒すべきとする。

夏頃まで警戒すべきと。
おそらく決算結果が一番影響するのが夏頃なんでしょうね。

また株価以外にもTwitterに書いていたのですが、スルガ社員退職者続出!?
退職者続出で首都圏の一部店舗閉鎖に追われる!?

そんなツイートが。

スルガ銀行の不動産融資がなくなると・・・

今回のかぼちゃの馬車で不正融資等で世間を賑やかしているスルガ銀行

しかし、昔からやっている不動産投資家からすると、金利は高いけど他の銀行では融資してくれない物件でも融資をしてくれるなど、使い道次第ではとても心強い銀行でもあるのです。

そんな銀行の不動産投資融資がもし、ストップすると今までスルガ銀行が融資してくれたから次の買い手がいたのに、融資先がなくなってしまう=次の買い手が少なくなる。ことになり兼ねないなと思うのです。
そうなると単純にスルガ銀行以外で融資してもらえない物件の価値が下がるということになります。

ではどんな物件かというと。

かぼちゃの馬車とよく似たスルガスキームと言われている三為契約案件。
スルガ銀行を利用してオーバーローンを利用し通常買えないお客様でも買えるようにしています。
三為契約スキームも将来、問題になることは間違いないと思います。

なぜなら、今回のかぼちゃの馬車でも問題になった改ざんを行なっている可能性が高いからです。
賃料の改ざんや売買価格の改ざんなどなど。

また三為物件の特徴は積算評価がでる地方・中古RCマンションが特徴のようです。
もし、ここ4年以内に上記の物件に該当し、現地も見ずに業者の言う通りに買ってしまった方は高い確率で三為契約スキームに引っかかった可能性が高いので一度、不動産会社に査定をしてみてはいかがでしょうか。

まだ完全に融資がストップした訳ではないので、損切りをしてでも今売却をした方がいいかもしれません。