プレジデントオンライン かぼちゃの馬車「通帳改竄」の動かぬ証拠

動かぬ証拠

プレジデントオンラインで面白い記事を発見しました。
さすが、プロの記事ですね!しっかり裏付けを取った内容だと思います。

その記事はこちら

参考 かぼちゃの馬車「通帳改竄」の動かぬ証拠プレジデントオンライン

約700人の「サラリーマン大家さん」が破産の危機に瀕している。

問題となっているのはスマートデイズ(旧スマートライフ)が運営する女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」。「頭金は不要」「30年間の家賃収入を保証する」などと勧誘された会社員など約700人が、1棟あたり約1億円の融資を受けてシェアハウスを購入した。一括借り上げで家賃を保証する「サブリース」という仕組みで、「大家さん」は副収入を得たい30~50代の会社員。その大半が横浜市内のスルガ銀行の支店から取得資金を借りていた。

今年に入ってスマートデイズからの家賃支払いがとまり、オーナーたちはスルガ銀行への返済に窮している。今回、そうしたオーナーのひとりである田中さん(仮名)から、スルガ銀行の融資審査に重大な問題があるのではないか、という情報提供を得た。田中さんが融資書類のひとつとして不動産仲介業者に提出した銀行通帳の画像データが、田中さんの知らないところで巧妙に書き換えられていたというのだ。

「銀行を騙す、銀行口座の改ざん方法」というブログが書きました。今もまだ頻繁にアクセスがあるので、もしかすると融資に困った方に需要があるのかもしれませんね(笑)

プレジデントオンラインの記事の中に実際に改ざんされた通帳の写真が貼っていますが、本物と偽物の違いは素人ではなかなか気づかないくらいのクオリティです。

偽物の方が画素が悪いのか、少しボヤけているかなって感じです。数字を改ざんしても一部だけ目立たないように全体的にボヤかせているようです。

記事の中では誰がやったのか特定はしていませんが銀行自身が行うことはありえないため、おそらく販売会社の営業マンが行なっていると思います。それにしてもよくできているなと思ったのが、正直な感想です。

皆様もよかったら記事をクリックし、本物と偽物の通帳を見比べてくださいね!
通帳改ざんだけではなく、収入証明(源泉徴収票や確定申告書)も改ざんしていた噂もあります。

通帳同様のクオリティで改ざんしたのであれば、スルガ銀行が改ざんを見抜けなかったことを問題視されていますが見抜けなくても仕方なかったのではないかなとも思ってしまいました。(ただ、原本を確認していたら良かっただけの話ですが!)