スルガ銀行「謝罪会見」で明かされなかった重大なこと


スルガ銀行 米山社長の謝罪会見

15日、18年3月期の決算発表後、記者会見を開いて調査結果を公表するとともに
米山明広社長が「顧客や株主など多くのステークホルダーに迷惑をかけた」と謝罪した。

yahooニュースより掲載

 問題発覚後、半年以上が経過。これまで取材窓口の経営企画部が、「不正に関与していない」という公式コメントを繰り返すだけだったが、経営トップが「経過のご報告」という文書で、二重契約の存在や資料の偽造、改ざんを明かし、その事実を「相当数の社員が認識していた」と認めた

真実についてはこれから第3者委員会を通して審議していくようです。

しかし、すでに融資実行済みの案件はわずか5年で
積み上がった顧客数1258名、融資額2035億8700万円というシェアハウス事業が世の中に放たれたようです。
※そのうちスマートデイズの関連融資は、約6割の約1200億円、残りは同じ事業形態の不動産業者約10社

シェアハウスのリスク「十分認識できず」

今回、シェアハウスのみで2035億円も融資をしている。
それに加え、中古マンションに融資した金額も考えると相当な金額となる。
共に不正融資を疑われている案件である。

下記、記者会見でのコメントである。

米山氏「シェアハウスについてリスクを十分に認識できていなかったのは間違いない。アパートのような既存分野と異なる案件を扱う場合は、リスクを十分に確認し、問題がないことを評価した上でやらないとこのような問題になる。リスク確認を十分にする」

米山氏「シェアハウスは新しい取り組みで、リスクアセスメントが確立できていなかった。中古一棟はこれまでやってきたのでリスク面で大きな問題になるとは理解していない。第三者委員会でみてもらう」

この内容を見る限り、共に不正融資をしたかもしれないけど、中古一棟マンションについてはこれまでも融資実績があるので不正したとしてもリスクヘッジできるので問題はなく、シェアハウスは不正融資したかもしれないが、新しい取り組みだったからこんなことになった。

結局のところ、今までも他行が融資しない案件をリスクをとって積極的に融資をしてきた銀行で不正融資自体の問題ではなく、シェアハウスに対するリスク対応能力がなかったのが原因みたいな印象を受けましたね。

あくまで私個人の的な意見ですが・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)