かぼちゃの馬車問題に急展開!物件手放せば帳消しになるのか!?

2019年11月20日、ある衝撃的なニュースが飛び込んでまいりました!

わざわざ、年月日を書くということは不動産投資業界において、かなりの出来事(時代がかわる)ということです。

それはこちら

参考 シェアハウス借金、物件手放せば帳消しへ スルガ銀日本経済新聞
記事一部引用

スルガ銀行による不正な融資で過大な借り入れをしたシェアハウスの所有者が、物件を手放せば借金の返済を免除されることで調整されることが20日、分かった。同行のシェアハウス融資を巡っては返済に行き詰まる所有者との係争が続く。同行は創業家との資本関係を解消したのに続き、不正融資問題を解決して不祥事に区切りを付ける。

この記事が本当であれば、長く続いたかぼちゃの問題に終止符が打たれるということですね。

かぼちゃの馬車問題の関連記事はこちら

 

私個人的には、一番望んでいたことだけに嬉しくは思いますが、すでに自己破産した方や自殺された方のことを思うと、少し複雑な気持ち・・・。

 

あと、気になるのはシェアハウスに関しては適応されると記事でわかりますが、スルガ銀行からローンを借りて、同様の偽造行為(3為契約)で相場より高く買ってしまった、例えば地方1棟物件オーナーは今回の免除条件に適応されるのか気になりますね!

 

シェアハウスはOKだけど、3為契約で購入した物件はNGなれば、またそれはそれで平等ではない気もしますし。

 

ほかの方はどう思っているのか、twitterを見てみると。
様々な意見が飛び交っていました。

一部のツイートを抜粋していますが、コメントをみてみると反対意見割合の方が多い気がします。

やはり投資のため、無知で購入した買主にもある程度は落ち度があり、全額免除はおかしいのでは?という意見が多かったですね。また、今回の事例を作ると不動産融資に支障がでるのは?という心配する意見もありました。

まだ、免除になるのかは現時点では調整段階のようですが、今後の動きが気になります。また追って、記事を更新しますね!

過去の「かぼちゃの馬車 問題」については専用のカテゴリがあるので是非、チェックしてください。