戸建賃貸の物件はどんな家?


おばあちゃんの家

私が不動産投資をはじめたきっかけは元から不動産投資が好きでやりたいと思ってはじめた訳ではありません。
当時、実家近くにおばあちゃんの家がありました。
おばあちゃんはすでに私の実家の1階で住んでいたため、おばあちゃん家は誰も住んでいない空き家状態のまま、放置されていました。
1年も空き家状態にしていると、思った以上に建物はすぐに傷んでしまいました。
ネズミや虫の住処に・・・。
空き家状態という理由もあるとは思いますが、もともと築年数が50年以上の木造2階建ての一軒家で戦後に建築し、そこから何度か改築・リフォームを行っているものの

耐震は大丈夫?

台風で屋根飛ばない?

なんて、不安要素たっぷりの家でした。

この家をどうにかしなければ!!

 おばあちゃんは当時80歳。
これからリフォームするにしろ、リフォーム費を銀行から借りれる訳もなく両親も実家があるため、おばあちゃん家をリフォームする気もなく、このまま放置されてしまうのだろうと思っていました。

しかし、気がかりなのが万が一、地震や台風などで建物が破損し、通行人や隣近所に被害、迷惑をかけてしまうことでした。

解決方法を考えなくてはいけないと思ったのが、25歳の時でした。

当時、社会人3年目で年収もかなり低く、貯金もほぼ0円。

貯金もない若者がリフォーム費を銀行から借りることができるのか、またリフォームしたところでどうするのか、全く持って計画性がまだありませんでした。

そこで貯金を貯めながら、このおばあちゃん家の活用方法について、勉強したのです。

不動産投資との出会い

なんとかしなければいけないなと思って、本屋にいきました。

リフォームの内容が載っている本を目指し。

建築関連のブース で立ち止まり、手を取ってみるとお洒落なインテリア・建築物ばかりでお金があればこんな家に住みたいなと思うだけで現実味がありませんでした。

お金を極力かからない何かいい方法を探し、またぶらぶらまわり次に不動産関連のブースに。

その当時はリフォームに加え、売却も検討していたため不動産ブースに立ち寄りました。

色々見ていると・・・。

「空き家を買って、不動産投資で儲ける」

ここに掲載したいる本はごく一部だけですが、本屋には戸建賃貸の関する書籍がたくさんにあって初めて見た私は、かなりの衝撃を受けたのです。
空き家を貸して家賃収入を得れるのだ。
むしろ、得たいと。
そこから不動産投資について約1年間、実行するまで勉強したのです。
次回へ続く〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)