リフォームをした大きな理由 パート2


こんにちは。
26大家です!
前回、リフォームを行う大きなきっかけ(理由)を簡単に書きました。
↑見ていない方はここをクリックください!
理由の1つで、1番といっても過言ではない「親孝行のため」の続きで
前回でも記載しましたが、実家は2階に水回りがあるため
老後のことを考えると不便だと思っていました。
まだ、両親は50代なのですぐに介護が必要という訳ではありませんが
必ず年を取るわけで、祖母の介護している両親を知っていたこともあり
やはりバリアフリーや水回り、寝室などの生活環境は1階にあった方がいいなと思っていました。
祖母は一人では生活できなくなり、私の実家の1階の客間で生活していました。
もともと、祖母が一人で住んでいた家がこの機に空き家になり、かれこれ5年ほど空き家状態に
なっていたため、この家をリフォームすることにした経緯があります。
親の介護が必要のない時期は賃貸で貸して、おそらく20年後以降
両親が70代になるころからそこで生活してもらう予定です。
介護の必要のない時期は約20年ほどありますが、その間は不動投資を行うため
貸しても家賃が取れる、また将来のことはわかりませんが
もしかすると、自宅で介護をするより介護施設の方がいいかもしれないし
何かあったときに売却しても利益が取れるように、売却予想価格を考えたりしました。
次回は大きな問題2つ目のお話しをしたい思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)