住宅を購入するなら20代独身が1番!? その理由とは?

どうも皆様、こんにちは!

20代から不動産投資をはじめ、コツコツ資産拡大に向け日々勉強中の26大家です。

今日は自宅購入について、考えてみました。

まず、みなさんは家は一生に一度の大きな買い物だと思っていませんか??

世間一般的には合っていると思います。

私も学生の時までは本当にそうだと思っていました。

しかし、不動産投資に出会って、自宅の購入は一生に一度ではないと気づいたのです。

家は一生に一度ではなく、何度も!?

大学は建築学科に在籍していました。

そのため、将来は立派な建築士になり、自分で設計した家を建てたいと思っていました。

しかし、大学4年生の時に不動産投資会社で働いているをしている先輩に出会い、衝撃を受けたのです。

今までは住宅関係の仕事に就きたいと思っていたため、建築=家建てる仕事だと思っていたところ、建築といっても幅広く、収益物件(投資物件)に特化した建築会社や建築士がいることを知ったのです。

築古物件の再生やアパート設計など、ただ家を建てるだけではなく、そこに収益性を加味したデザインや収支計画も考えなければいけないと知って、一気に興味が方向展開したのです。

 

そして、そこから私自身のライフプラン(自宅購入)についても興味を持ち始めていきました。

そこで考えた末行き着いた答えは

「住宅は一生に一度ではなく、ライフスタイルに合わせて買い替える」

ということでした。

ライフスタイルに合わせるとは?

独身時代、結婚、そして子供が出来る、子供が巣立つ、そして老後生活といった感じに、家族が増えたり、子供が独立し少なくなったりとライフスタイルも常に変化していきます。

私は現在、独身で一人暮らしをしていますが、将来は結婚や子供が増えることも考えています。

そして、忘れてはいけない両親の介護も。

26歳の時に祖母の一軒家2LDK(約90㎡)を購入し、後々両親の介護でも使用できるようにバリアフリーにしました。

今は介護が必要なく、また両親は両親で一軒家に住んでいるため、この家は現在賃貸に貸し出しています。

両親の家は3LDK(約120㎡)で、現在は両親と弟の3人で住んでいます。
しかし、将来弟も独立し、実家を出るとなると、両親二人だけで3LDKは広過ぎ、また掃除も大変で、階段の上り下りも今後、大変になると考えると・・。

やはり、住宅は一生に一度ではないと思うのです。

しかし、気をつけなければいけないのは、ライフスタイルに合わせて住み替えるのですが、うまく住み替えれるような買い方をしなければいけないことです。

そこで、住宅だけど、投資的要素も必要になります。

住宅だけど、投資的要素が必要な理由とは?

 まず、住宅ローンを利用するには自ら住む家という条件がありますので、始めから投資目的で購入することはやめてくださいね!

あくまで、投資的な要素を加味した考え方ということです。

ライフスタイルに合わせて、住み替えるといっても購入価格より売却価格の方が遥かに安くなってしまった場合、売りたくても売れなくなります。

なので、投資的要素が必要になってくるのです。

次々に家を買い替えるには、購入金額と同額、またはローンを月々返済しているため、ローン残債も少なくなっていきます。
その残債くらいで売却できればOKです。

そして、毎月のローン返済についても投資的要素を考えると。

ローンには元金と利息部分があり、利息については銀行の利益になりますが、元金は将来、売却時に戻ってくる実質貯金をしているみたいなものです。

なので、賃貸で借りている方は10年後、賃貸を解約しても一切戻ってきませんが、購入の場合、もし2000万円で購入した物件(金利1%・期間30年)が10年後、売却する場合、ローンの残債は1400万円くらいになっています。

もし、同額程度で売れれば、売却のコストを引いても500万円ほど返ってくるのです。

そこに住宅ローン控除も考えると、私は購入した方が特だと思うのです。
※会社員によっては賃貸の場合に限り家賃補助がでる方などもいらっしゃるので、そこはよく考えてくださいね。

私のマイホームプランとは

私のマイホームプランでは20代(独身時代)⇒50㎡のマンションに住む。
追伸:2017年に購入しました。
 
30~50代(家族が増える)⇒90㎡の戸建てまたは120㎡の実家に住む。
※90㎡に住む場合は50㎡のマンションを賃貸で貸す。
※120㎡の実家に住む場合は両親に50㎡のマンションに住んでもらい90㎡の戸建てを賃貸に貸す。
 
3つの不動産をうまく利用し、どれか一つを常に貸し出すことで住宅ローンの返済と家賃収入をトントンにする計画です。

この方法はリスクは低く、私みたいな20代の方でもできるスキームだと思います。
 
投資物件を購入する前に、まずはライフスタイルにあった自宅から検討するのもいいと思います。
 
家族が増えれば、売って次の物件を購入するのも良し、そのまま貸すのも良しといった感じでございます。

20代や30代と若い方でもすぐにチャレンジできる方法と思います、ご参考になりましたら、幸いです!
 
次回は価格が下がらない物件について、お話したいと思います!