スルガ銀、オーナーを「詐欺師」と非難 訴訟で対決姿勢

ある意味かっこいい

本日、掲載のYahoo!ニュースより、スルガ銀行を相手に今問題になっている中古アパートの不正融資について問題後、本日初めて裁判が行われました。

原告は岡山県在住の30代男性
スルガ銀行とその物件を販売した大阪市内の不動産会社に対し約2億3千万円の損害賠償を求めて訴えたのだ。

原告側は、男性の年収が足りないのに資料改ざんで融資され、割高な物件を買わされたと主張。それに対しスルガ銀は「(原告男性が)虚偽事実を告げて本来なら融資できない金額の融資を詐取した」などと主張。

両社ともに徹底的に争う姿勢を示しました。

訴状によると、原告は2015年9月、投資目的で中古マンション1棟と新築マンション2室を計約2億3千万円で購入。全額をスルガ銀で借りたが、融資過程で通帳コピーや確定申告書などが改ざんされ、貯蓄や年収が水増しされた。中古マンションの家賃収入表も偽造され、優良物件だと装われていたようです。

原告側は、被告らが男性の収入は不十分だと知りながら融資を実行し、割高な物件を買わせたと主張。スルガ銀は融資時のリスク説明が不十分で、通帳原本の確認を怠ったとした。

これに対しスルガ銀は、原告男性は今回の融資物件とは別に複数の投資物件を保有し「豊富な投資経験を有する」とし、改ざんは「男性が積極的に関与したか熟知していた」と主張。通帳の原本を確認しなかったのは認めたが、男性が銀行の責任を問うのは「詐欺師が被害者に対し詐欺に気づかないのが悪いと開きなおるようなもの」などと痛烈に非難し、スルガ銀は被害者との立場を強調した。

yahoo!ニュースより参照

 

裁判に強いスルガ銀行

過去にIBMを相手取り、裁判の結果74億円もの金額を勝ち取ったのだ。

勘定系システムの開発失敗を巡りスルガ銀行が日本IBMを訴えた裁判で、東京地方裁判所は3月29日に約74億円の賠償を日本IBMに命じる判決を下した。スルガ銀が事実上、全面勝訴したともいえる内容だ。

日本経済新聞参照:https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0902S_Z00C12A4000000/

訴訟問題を多く取り扱ってきたスルガ銀行だけに、今回の中古アパート投資訴訟についても、跳ね返す戦略があるのではないでしょうか。

おそらく、スルガ銀行の言い分はエビデンス偽造にしろ、2重売買契約にしろ、少なからず買主の協力がなければ実行できない部分もあるため、買主自体も偽造に協力し、銀行を騙した。
すなわち、スルガ銀行は被害者でもあるのだという姿勢ではないでしょうか。

2重売買契約の場合、契約書2つにサインしなければならない。
仮に不動産会社が勝手にコピーし契約書を作成した場合はスルガ銀行は次に不動産会社を相手取り裁判するでしょう。
すでに取引中止業者リストが出来ているみたいなので、今後訴訟ラッシュが続くかもしれませんね!

 

とりあえず、金融庁のジャッジとこの中古マンション裁判の動向は気になります。
また進展あれば、ブログで書きます。