スルガ銀行 融資先営業を停止 ガヤルド、集団提訴へ


シェアハウス系 実質破産 ついに3社目

スルガ銀行が物件購入費を融資していた投資用アパート運営の不動産会社ガヤルド(東京)が営業活動を事実上停止していることが9日、分かりました。

同類スキームで破産した会社はスマートデイズ、ゴールでインゲインに続き、3社目となります。

ゴールデンゲインが破産した時に書いたブログはこちら

スマートデイズ「かぼちゃの馬車」と同じ流れで、ガヤルドの物件所有者の一部は近く同社を相手取り、損害賠償を求めて東京地裁に提訴する動きを見せています。提訴では、ゴールデンゲインの所有者も歩調を合わせる予定で、計十数人による集団提訴となる見通しです。

先日、スマートデイズ問題後初めて裁判を行われました。
裁判ではスルガ銀行はあくまで被害者という姿勢を見せていましたが、今後スマートデイズのみではなく、ゴールデンゲイン、ガヤルドと・・・。

今後、より一層スルガ銀行との裁判件数は伸びること間違いなしと言ったところでしょうか。
一度、負けてしまうと次から次へと同様案件のため、苦しくなりそうですね・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)