恐れていた事が起きそうだ・・・スルガ銀行からの飛び火!

どうも皆様、こんにちは!
20代から不動産投資をはじめ、コツコツ資産拡大に向け日々勉強中の26大家です。

最近、TATERUネタ推しでしたが、やっぱりスルガ銀行問題の方が炎上しちゃいますね!www

スルガ銀行問題からのTATERU問題

1番危惧していた事が実際に起こるかもしれません・・・

地銀の不動産融資を調査へ

 

私が今後起こりうる問題として予想していたのが、金融庁の調査がスルガ銀行だけではなく他行(他の銀行)まで飛び火してしまうことです。

昨日のブログで書いています。
気になる方はまず、こちらをご覧くださいませ

TATERUが株価ストップ安気配 融資資料改ざんで先行き不安

昨日のブログ参照

スルガ銀行の第3者委員会の結果前に大手不動産会社によるエビデンス偽造が発覚、今後益々金融庁の監視の目が厳しくなるでしょう。

1番恐れていることは、過去の融資実態を金融庁が調べだした時www

正直、しっかり融資審査している銀行はどれくらいあるでしょうか。

私の予想ですが、多く銀行がエビデンスチェックを見落としている可能性があると思います。

まさしく、昨日のブログで今後、最悪な動きを予想した内容がこんなにすぐになるなんて思っていませんでした・・・。

KYODOの記事より参照

金融庁が全国の地方銀行を対象に、不動産向け融資の総額や審査体制などを調査する検討を始めたことが4日、分かった。
スルガ銀行でシェアハウス投資を巡る不適切融資が発覚したため、他の地銀の実態も調べる。

 

やばーい!!!!
私が恐れていた事が本当に実現するなんてー

こんなにすぐになるとは、もしかして金融庁の関係者がこのブログを見ていると疑ってしまうレベルですね!

なぜ、予想が的中したのか

やっぱりこうなりますよね。
だって、ここ最近の融資状況が異次元でしたもん。

スルガ銀行を褒める金融庁長官

それに感化される他行たち。

その結果どうなるか・・・。

スルガ銀行のエビデンスチェックが甘いのは他行も知っていたと思います。
他行行員の話では、スルガは銀行ではないですよと、意味深な発言もありました。

しっかりと原本や契約書を確認すると、フルローンはもちろん頭金2割以上出してもらわないと評価額の穴埋め出来ない案件もあったでしょう。

そこでバカ真面目に評価すると、「じゃあ、他行で融資してもらいます」と逃げていくため、多少無理してでも融資をした銀行はあったはずです。
もちろん、どこの銀行とは言いませんがwww

不動産投資をしている、またはこれから始めようと思っている方々
今後、起こりえる可能性の1つがすぐそばまできているってことはどうなるかわかりますよね!?

ヒントは新しい時代の幕開け

これからは王道・正統にコツコツ不動産投資をしていた投資家が優位に立てる時代になるのです。

反対に不正融資に加担した投資家や流行り廃りのある(ブームに乗った)スキームに乗ってしまった投資家は出口(売却)が出れず、塩漬け状態で苦しむことになるのではないしょうか。

これからの時代、どう戦うか私も真剣に考え、実践したいと思います!