日本財託のセミナーを聞いてみた感想。「月額20万円を実現する中古マンション投資の実践法」

不動産投資に興味ある方やすでに不動産投資をスタートしたけれど、もっと知識をつけたいと思っている方は是非、たくさんのセミナーに参加しましょう。

 

26大家

この記事を書いている僕は20代から不動産投資を始め、現在大家歴6年です。家賃収入は個人と法人名義で持っている不動産を合わせると約700万円ほどなので、実体験も含めてリアルなお話ができると思います。

 

この記事は日本財託のセミナーに参加した感想とセミナーで紹介された投資術について、書いています。

 

日本財託についてご存じない方は読み進める前にこちらの記事を先に読んでくださいね。

現役大家目線で語る 日本財託の評判・口コミ

 

販売している物件や管理の特徴
  • 東京23区の16~25㎡未満の中古ワンルームマンション

  • 築浅(2000年以降)とバブル期(1990年前後)の2種類の物件

  • 自社が売主のため、仲介手数料が無料

  • 提携ローンが豊富(1.65~2%程度)

  • 管理費は都内では破格の一律3,000円(税別)

  • 5年間の空室保障サービス(査定家賃の下限80%、免責期間有)

  • 100%の滞納保証

日本財託のセミナーの内容&特徴とは?

私が聞いたセミナーは関西で行われた複数の会社が一同に参加している大型イベントで聞きました。通常のセミナーでは1時間~2時間くらいの構成になっているようですが、普段よりコンパクトにまとめた内容で時間は40分でした。

セミナーのタイトルは「月額家賃20万円を実現する中古マンション投資の実践法」というテーマで将来の年金対策としてワンルームマンション投資をしましょう!という内容です。

セミナー構成は大きく2つのテーマに分かれ、それぞれ各自メリットの説明がありました。

☑なぜ、東京の中古ワンルーム投資がオススメするのか。
・ワンルームはファミリー物件と比べ空室期間が短く入居率が高い
・ワンルームは空室期間が短く入居率が高い
・中古物件は新築物件に比べて価格が安く高利回り
・中古だから、管理の状況が事前に分かる
・将来にわたって賃貸需要が安定しているのは東京だけ

☑定年まで物件を増やしていく方法
・日本財託がご紹介している物件の事例
・効率よく増やしていくポイントは繰り上げ返済にある
・資産が資産を生むマンション投資術「レバレッジの黄金率」とは
・資産が資産を有無マンション投資術「タイムレバレッジ」とは
・債務こそが1番怖い!最後は債務をゼロに!

 

前半部分は日本財託が推進している「東京中古ワンルーム」について、なぜオススメなのかについて、数字を用いて説明していました。

26大家

不動産投資の基礎の話なので、初心者の方でも十分に理解できるくらいわかりやすかったです!

 

そして、後半部分はタイトルの「月額家賃20万円を実現する中古マンション投資の実践法」について、実際に物件事例を用いてシミュレーションし、定年後20万円得るにはどうしたら達成できるのか解説していました。

 

物件事例は十分に再現性の高い内容で、サラリーマン大家の必勝パターンともいえるワンルームをコツコツ購入し、定年までに繰り上げ返済し老後は借金なしの投資物件が手に入るというお話でした。

 

日本財託がオススメしている不動産投資方法とは?

セミナーで頂いた資料を添付するのは宜しくないので、文章でどんな物件でどんな運用方法をオススメしているのか説明します。

紹介された物件概要

  • ワンルームマンション
  • 場所は東京の高円寺周辺
  • 築年数10年
  • 広さ25.6㎡
  • 販売価格2050万円
  • 表面利回り5.15%
  • 家賃88,000円(月額)
  • 運営コスト17,000円(月額)
  • ローンはフルローン・金利1.65%・期間35年
  • ローン返済額64,285円(月額)
  • 収支+6715円(月額)、年間+81,300円

ちなみに、このような記載がありました。

※計算を簡略化するためシミュレーションにあたっては家賃下落や空室率、設備交換費などは考慮しておりません。

26大家

仕方ないけど、本当に購入するならしっかり空室率や家賃下落も考慮して計算しようね

日本財託が推進している投資理論

資産が資産を産むマンション投資術

  • レバレッジの黄金率
  • タイムレバレッジ

レバレッジの黄金率とは

ローンのない2戸のマンションが作れれば、次の物件は家賃収入だけでローン返済が可能になる。これを日本財託では「レバレッジの黄金率」と呼んでいる。

まずは1戸目の物件をフルローン(購入金額の全額を借りる)で購入し、毎年繰り上げ返済を行いながら、3戸購入を目標に少しでも早くローンのない物件を作ることを推奨しているようです。

そして、ローンのない2戸のマンションが作ることができれば安全で効率の良い投資が実現できると言われています。

タイムレバレッジとは

タイムレバレッジの考え方は、できるだけ早い時期に物件を購入して、早くはじめた分だけローンを完済するまでの時間を短縮するものです。

頭金を十分に貯めてから購入したほうがよいのか、それとも、ある程度貯めてから購入したほうが良いのかという点で、後者の方がスピードが加速するという時間のレバレッジ効果です。

日本財託では1戸目が完済したら2戸目を購入するわけではなく、1戸目・2戸目・3戸目と並行して購入しながら1戸目の返済を繰り上げ返済することでスピード早くなる投資術をオススメしているようです。

MEMO

より詳しく学びたい方は日本財託が出版しているこちらの本がオススメです。

 

 

まとめ 日本財託の投資は固い

セミナーを聞いた感想は、ずばり。

サラリーマンで将来年金+@の収入がほしい方にオススメ!

レバレッジの黄金率やタイムレバレッジといった投資方法は理にかなっていて、本業のあるサラリーマンは定年までに3戸購入&完済できれば老後年金+月15~20万円は固く得れる投資だと思いました。

セミナー自体は都内で頻繁に開催されているので、ご興味ある方は是非行ってみてはいかがでしょうか。