スマートデイズ(旧スマートライフ)の実態 大池前社長に黒幕まで出現!?


スマートライフ時代からすでに破産は決まっていた!?

スマートライフが創立したのは今から6年前の平成24年である。

そして、スマートデイズ社に社名が変わったのは平成29年の10月。
表向きはオーシャナイズ社と業務提携を理由に社名を変更したのですが、この頃からすでに経営がうまくいってなかったのかもしれません。

私の記憶上、すでに3年も前から計画倒産する気満々な経営、経営陣営と噂されていました。

当時の代表取締役 大地則幸氏
出身会社やこの会社の就任した経緯を調べると怪しい噂が流れていたのです。

スマートデイズ大地則幸前社長の経歴 実はレオパレス出身

その前社長の大地則幸氏の出身が実はレオパレスだったというのは著書の発表のページで公表されています。

レオパレスを退社後に移ったMDIもレオパレス21創業者深山祐助とその親族である深山将史が創業した会社で、関東方面からスタートし最近関西方面でも急激に展開してます。

株式会社スマートライフ 代表取締役。
1983(昭和58年)生まれ千葉県出身。
国際理工専門学校建築設計課を卒業後、清水建設株式会社に入社。
株式会社レオパレス21入社
株式会社MDI入社
2015年4月株式会社スマートライフ代表取締役就任。

出版本の著者紹介から参照

この本の題名、今見ると面白いですね 。
「家賃0円・空室有」でも儲かる。不動産投資
どこがやねーんって思いっきりツッコミたくなるタイトル!www

そして、3年前から噂になっていた理由の1つが出身会社がレオパレス、そしてMDI。
ここ最近、サブリース問題で裁判沙汰に頻繁になっていた会社であります。
レオパレスもかぼちゃの馬車同様、サブリースで借り上げるスキームですが、レオパレスとかぼちゃ馬車の大きな違いは土地持ちの地主が買主か、ただのサラリーマン大家が買主かの違いが、破綻までの時間に影響したのかもしれません。
前者のレオパレスの被害者は土地持ちの地主が多かったため、すぐに自己破産になることはなく10年以上経ってから賃貸経営が破綻していることに気づきようやく裁判沙汰になりましたが、かぼちゃの馬車の場合は気づくと同時に家賃送金がストップしたため、すぐに社会問題となりました。
ただ、この大地前社長が全てご自身で考えた経営スキームかは疑問です。
実は・・・

黒幕がいた!? 佐藤太治氏

3年も前から大地前社長には黒幕がいると噂されていました。

それが、ビデオ安売り王の佐藤太治氏と言われています。

とは言え、この大地氏も操り人形だった可能性が高く、本当の黒幕はビデオ安売り王で名を馳せた人物。

他にも住専から16億搾取した容疑で逮捕されるなど色々と裏業界では有名な存在。

佐藤氏と言われている動画も。(もしかすると、実弟かもしれませんが・・・)

かぼちゃの馬車を調べると色んな情報が出てきます。
しかも、この情報は3年も前から流れていました。
今思うと、購入前にスマートデイズ(スマートライフ)について調べて欲しかったなと心底思います。
調べてたら買わなかった人もいたのではないでしょうか。
すでに購入した方にとっては今更このページを見ても何の意味もないかもしれませんが、今後の救済措置に少しでも役立てられるような情報を今後も発信していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)