【2021年】区分マンション投資を学びたい方にオススメする「不動産投資の本」

みなさま、こんにちは

26大家です。

26大家
26大家

20代から不動産投資を始め、現在はサラリーマン大家として不動産関連のブログを掲載しています。

今までにざっと、不動産投資の本は50冊以上読んだと思います!

今回、「区分マンション投資」をオススメしている本の中から、実際に読んでよかった本をまとめてみました。

まずはじめに、こんな方に是非、読んでほしいと思っています。
(区分マンション投資に向いている方の特徴5つ)

  1. 将来の年金生活が不安な方
  2. もし、万が一のとき、家族に資産を残したいと思っている方
  3. 本業のほかに副収入がほしい方(低リスクを望む)
  4. 本業が忙しく、管理などすべて任せたい方
  5. 自己資金が少なく、コツコツ堅実に投資したい方

次に、こういった本はオススメから除外したルールについて

出版元をチェックしよう!

販売されている本の中には、不動産会社が自ら出版費用を払って出版している本もあり、そういった本は主に自社のPR目的になっています。※すべてではないですが、大半が自社はいかに素晴らしくて、弊社から購入すると失敗しません!というオチになっています。

実際に投資経験のある大家さんが書いている本や不動産会社が発売している本でも自社PRより、内容が充実していると思った本をまとめてみました。

26大家
26大家

不動産投資は景気や金融機関のローン状況に大きく左右されるため、発売時期が古いものは場合によっては今の時代では通用しないこともありますので、ご注意くださいね!
本の紹介欄に発売時期を記載していますので、ご参考ください。

サラリーマンを辞めたくなったら読む 不動産投資の本(台場 史貞)

発売日2020/2/27
出版社秀和システム
著者台場 史貞

台場氏は、名古屋郊外に住んでいますが、購入している物件は東京都心部の中古区分マンションを中心に購入しています。

2004年からコツコツ購入し、現在、16戸のマンションを保有してるそうです。また、2012年に税金対策を主目的として、妻を社長にしたサブリース会社を設立し、法人化もされています。

2020年の出版時点で、年間家賃収入は1500万円、実質手残りは月80万円以上の不労収入を確保され、2016年に早期退職(セミリタイア)されています。

この本でオススメしている投資方法のポイントとして

  • 即効性を狙ってはいけない(コツコツ投資しよう!)
  • 借入比率は40%以内を意識する(安全性を高く!)
  • 悪い借金をせず、良い借金をする(規模拡大し続けるために!)
  • スタート力と時間で資産は倍増する(3戸目から資産拡大しやすい!)
26大家
26大家

前半はサラリーマンを辞めたくなる理由が書いていて、不動産投資(中古区分マンション投資)で、セミリタイアまたはストレスフリーな働き方をしましょうという内容が学べる本です!

なんとなく、このまま働き続けることに不安を感じている方やストレスを感じている方に是非、読んでいただきたい1冊です。

妻を社長にしてワンルーム経営(台場 史貞)

発売日2015/9/3
出版社かんき出版
著者台場 史貞

先程、紹介した「サラリーマンを辞めたくなったら読む 不動産投資の本」と同じ著者で、法人化をテーマに書いた本になります。

15戸保有している(2015年時点)うち、11戸が個人保有、4戸が法人保有されており、12戸の購入から法人を設立したそうです。

個人で保有していた物件を法人に借り上げ(サブリース契約)させ、個人所得を下げていると紹介されていました。

この本でオススメしているポイントとして

  • 個人名義で買い続けるといずれ、税金の高さに悩むときがくるため、法人化を検討しましょう。
  • 法人化するメリット・デメリット(妻を社長にするのがオススメ)
  • 法人化検討する時期は課税所得1000万が目安(個人で買い続けた方がいいのか、法人化した方がいいのか)
26大家
26大家

法人化=1棟物件というイメージを持っていましたが、区分マンション投資でも法人化が有効なんだと改めて、学びました。

サラリーマンでもコツコツ買い続ければ、法人化した方がメリットが大きくなる時期がくるのだと、夢のある本でした。読み終わったあと、物件が買いたくなりましたwww

今すぐ東京の中古ワンルームを買いなさい!(重吉 勉)

発売日2015/6/10
出版社かんき出版
著者重吉 勉

区分マンション販売会社(株式会社日本財託)社長が書いた本になります。

こちらの本以外にもたくさん出版されていますが、今回は「今すぐ東京の中古ワンルームを買いなさい!」をオススメさせていただきました。

日本財託といえば、「レバレッジの黄金率」と「タイムレバレッジ」を活用した投資が有名です。

レバレッジの黄金率、タイムレバレッジとは

資産形成のスピードを加速させ、金利上昇リスクにも対応できる借入比率

具体的には、次の状態を「レバレッジの黄金率」と呼んでいます。

  1. ローンのないマンションが2戸、ローンのあるマンションが1戸ある状態
  2. 借入れ比率40%を維持した状態

タイムレバレッジとは、複数のマンションのローン返済を同時に行うことを言います。

この本でオススメしている投資方法のポイントとして

  • 東京の中古区分マンションをコツコツ購入しましょう
  • レバレッジの黄金比率の割合をキープする
  • タイムレバレッジしながら買い進める
26大家
26大家

本にも書いていますが、この投資方法は大儲けするものではないとしっかり書かれています。

堅実にコツコツ、老後の年金生活に向け、再現性の高い投資方法だと思います!

日本財託について、記事を書いていますので、こちらも見てくださいね!

定年退職後に “毎月” 20万円を得る! “コツコツ” ワンルーム投資術(斉藤 英志)

発売日2020/10/30 
出版社ごま書房新社
著者斉藤 英志

斎藤氏は現在、区分マンション販売会社(ネクストライフプランニング)の代表をしています。

大学卒業後、販促企画会社・経営コンサルティング会社を経て、32歳でマンション投資販売会社の営業に転職しましたが、不動産業界の販売姿勢に疑問を感じ、2016年独立し、区分マンション中心に不動産コンサルティングをしています。

日本財託と同様、区分マンションをコツコツ購入し、老後20万円を目標にしましょう!という内容の本になっています。前半部分は自分の年金額を確認するなど、ライフプランニングが学べる内容で、初心者の方にもオススメします。

この本でオススメしている投資方法のポイントとして

  • 東京の中古区分マンションをコツコツ購入しましょう
  • ライフシミュレーションし、どれくらい不足しているか現状把握する
  • 山手線5駅圏内、徒歩10分圏内の安定収入が見込める物件
26大家
26大家

年金不安、副業、生命保険代わりなど、様々なメリットがありますが、この本は「個人年金」について、学べます。

まだ、ライフプランニングを作っていない方にオススメです。

年収400万円からの区分不動産投資で億万長者にあなたもなれる!(高野 智弘)

発売日2013/6/19
出版社すばる舎
著者高野 智弘

高野氏は2005年にサラリーマン生活からのリタイヤを目標に不動産投資を開始され、2年後の2007年にセミリタイアされました。

まず、区分マンションを現金で購入し、銀行融資を受けれるまで資産を拡大した後に、1棟物件への投資に方針転換されたそうです。

区分マンション投資本の多くは、コツコツ追加購入していきましょう!という内容が多い中、こちらの本は、セミリタイアを計画的に逆算し、銀行融資を受けるためにあえて、区分マンションを現金購入したという、他にない手法になります。

この本でオススメしている投資方法のポイントとして

  • 優良、中古の区分不動産を見つけ出す
  • 現金で購入する
  • 年収が増えたところで、銀行融資を受けて1棟物物件を購入
26大家
26大家

区分マンション投資と1棟物件投資のメリット・デメリットをよく理解できる本です。

過去にこの本を読んだ感想を記事にしているので、詳しく読みたい方はブログも見てくださいね!

不動産投資の様々な手法を学ぶには読書がオススメです!

不動産投資といっても、様々な手法があり、自分にあった手法を見つけることが成功への近道になります。

  • 都心 or 地方
  • 新築 or 中古
  • 区分 or 1棟 or 戸建て
  • 所有する or 所有しない(レンタルスペース投資)
    などなど

組み合わせによって、リスクとリターンも違えれば、自己の保有資産によって、どこまで借入れができるかなど、人それぞれ自分にあった「不動産投資法」に出会うことが重要になります。

今回は不動産投資法の1つである「区分マンション投資」について、オススメの本をまとめてみました。ぜひ、興味ある方は読んでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です